平成7388日目

平成21年3月31日(火)

2009/03/31

【麻生太郎首相】5月解散可能性示す

麻生太郎首相は31日夕、官邸で記者会見し、経済危機に対応するため2009年度補正予算案と関連法案を今国会に提出し、成立に全力を挙げる決意を表明した。


https://www.kantei.go.jp/

その上で、補正予算審議に野党が抵抗すれば早期の衆院解散・総選挙もあり得るとの認識を初めて示した。早ければ補正予算案が衆院を通過した後の「5月解散」を想定しているとみられる。《共同通信》



【 JR敦賀港線】130年の歴史に幕


https://www.youtube.com/

運行休止が決まっていた敦賀市の貨物専用のJR敦賀港線(敦賀港駅ー敦賀駅間2.7キロ)で31日、「最後」の貨物列車が運行した。敦賀港駅には、全国から大勢の鉄道ファンや地元民らが集まり、勇姿を見届けた。

日本海側で最初の鉄道の一部として敷設され、日本と欧州を結ぶなど世界の公道を担った同線は約130年の歴史に、いったん幕をおろした。《共同通信》

【森田健作氏】麻生首相を表敬訪問

千葉県知事選に初当選した森田健作氏は31日、麻生太郎首相を首相官邸に表敬訪問した。首相は「4年間で1500から1600回のミニ集会を開くとはすごいね」と労をねぎらった。

森田氏は逼迫(ひっぱく)する千葉県の財政事情を訴えるとともに、選挙公約の東京湾アクアラインの通行料800円化を求めるなど、早速、国にモノを言う姿勢をアピール。首相は「前向きに考える。国土交通相に検討するよう指示する」と応じた。《産経新聞》



3月31日のできごと