平成7361日目

2009/03/04

【民主党・小沢一郎代表】公設秘書の逮捕を受け会見

3月4日は何の日【民主党・小沢一郎代表】公設秘書の逮捕を受け会見
http://archive.dpj.or.jp/

民主党の小沢一郎代表は4日午前、公設第1秘書のA容疑者(47)が政治資金規正法違反容疑で東京地検特捜部に逮捕されたことを受けて党本部で記者会見し、「私自身何らやましいことはなく、秘書の行為は適法だ」との認識を示した上で「それによってどうこうとは考えていない」と述べ、代表を辞任しない考えを表明した。また、東京地検の捜査方法について「強制捜査を受けるいわれはない」と強調し、「衆院選がとりざたされている時期に異例の捜査が行われたのは、政治的にも法律的にも不公正な国家権力、検察権力の行使だ」と批判した。

会見に先立つ党の緊急役員会で、執行部は「小沢氏は間違ったことをしておらず、責任をとる必要はない」として小沢氏の続投を支持することで一致した。しかし、中堅・若手の一部には辞任を求める声も上がり始めており、捜査の進展や世論の反応次第では小沢氏が辞任に追い込まれる可能性もある。

小沢氏はA容疑者の逮捕について、「企業献金という認識に立っていたとすれば、政党支部で受領すれば何の問題も起きなかった。政治団体からの寄付という認識だったから政治資金管理団体として受領したと報告を受けている。しごく当たり前のことだ」と指摘した。

また、ゼネコンから多額の献金を受けている点については、「ゼネコンだけでなくその他の企業からも身に余る献金をいただいている。制約するのではなく、どこから受けても構わないが、収支をすべてオープンにし、国民が判断できる仕組みにするのが私の主張だ」と強調。「自民党と同じ体質」との指摘に対しては「全く心外だ。私の『公開しろ』との主張を自民党はずっと嫌がってきた。公開していたら年金、医療、社会保険庁の問題など、もっと早く改善できていた」と反論した。

小沢氏は緊急役員会の冒頭、「国民や議員の皆さんに心配や迷惑をかけたことをおわびしたい」と述べた上で「政治資金規正法にのっとって処理しており何ら問題はない」と強調。「個人の問題ではなく、皆さんも協力してほしい」と述べ、今後の党運営への協力を求めた。《毎日新聞》

広告




【2008年度補正予算案】成立

3月4日は何の日【2008年度補正予算案】成立
http://www.kantei.go.jp/

定額給付金や高速道路料金引き下げなどの財源を確保する2008年度第二次補正予算関連法が4日午後の衆院本会議で、自民、公明両党など出席議員の3分の2以上の賛成多数で再可決、成立した。民主、共産、社民などの野党は反対した。参院で否決された法案が衆院で再可決により成立したのは昨年12月の改正新テロ対策特措法に続き5件目。

政府、与党は関連法の成立により、給付金の位置付けや受け取りをめぐる麻生太郎首相のぶれから生じた混乱を収束できるとみている。首相は来週後半も新たな追加経済政策の策定を与党に指示する方針だ。《福井新聞》

3月4日/のできごと