平成7253日目

2008/11/16

【東京国際女子マラソン】尾崎好美選手が初優勝

東京国際女子マラソンは16日、国立競技場を発着点とするコースで行われ、27歳でマラソン2戦目の尾崎好美選手(第一生命)が2時間23分30秒で初優勝した。日本陸連は日本勢トップを来年の世界選手権(ベルリン)代表とすることを決めており、尾崎選手が男女を通じて代表第1号に決まった。《共同通信》




【野球・アジアシリーズ】西武が初優勝

アジアの4カ国・地域のプロ野球リーグ優勝チームによる王座決定戦「アジアシリーズ2008」最終日は16日、東京ドームで決勝が行われ、1次リーグ1位の西武(日本)が1―0で同2位の統一(台湾)にサヨナラ勝ちして、初優勝した。日本代表としてロッテ、日本ハム、中日に続く大会4連覇を達成した。

西武は優勝賞金5000万円を獲得し、最優秀選手(MVP)には西武の佐藤友亮外野手が選ばれた。西武は0―0の9回2死一塁から佐藤が左中間二塁打を放ち、一塁走者の石井義が一気に生還した。《スポニチ》

【大相撲九州場所8日目】全勝の雅山に土

大相撲九州場所8日目(16日・福岡国際センター)−−無敗が消えた。白鵬は稀勢の里をもろ差しに組み止めると、外掛けで仕留めて7連勝。 1敗でトップに並んだ。

千代大海は、初顔の栃ノ心を回転のいい突っ張りで圧倒し、6勝。琴光喜は朝赤龍を寄り切って5勝としたが、琴欧洲は、いいところ無く把瑠都に屈して5敗。ただ一人、無傷だった雅山は、旭天鵬のすくい投げに敗れて初日からの連勝は7でストップ。 《読売新聞》

11月16日/のできごと