平成7200日目

2008/09/24

【麻生内閣】発足

自民党の麻生太郎総裁(68)は24日、国会で第92代首相に選出され、皇居での認証式を経て自民、公明両党連立の麻生内閣が発足した。


https://www.kantei.go.jp/

麻生首相は就任記者会見で「景気、生活への不安、政治への不信という危機を厳しく受けとめ、経験のすべてを尽くして難題に立ち向かう」と決意を表明。

中川昭一元政調会長(55)を財務相兼金融担当相に起用し、財政、金融行政を一体的に展開することで景気回復に全力を挙げる姿勢を打ち出した。《共同通信》



【福田内閣】総辞職


https://www.kantei.go.jp/

福田内閣は24日午前の閣議で総辞職した。福田康夫首相の在任期間は昨年9月26日の正式就任以来365日間。安倍晋三前首相の366日に1日及ばず、戦後登場した29人の首相の中では9番目の短さだった。

閣議では、総辞職に当たって首相の談話を決定。この中で首相は「(ねじれ国会で)補給支援特措法案成立のために臨時国会は再度の延長を要し、歳入関連法案も予算成立から1カ月余遅れ、日銀正副総裁人事は4人もの候補者が否決されました」と、民主党の国会対応を批判。その上で「結果として十分な対応ができなかったことにつき、国民に対し責任を痛感しておりました」と陳謝した。

閣議に先立ち、町村信孝官房長官と会談した際には「次の総理もねじれ国会で苦労するだろう」と、後任の麻生太郎氏を気遣った。《東京新聞》

【事故米不正転売事件】「三笠フーズ」を一斉捜索

米粉加工販売会社「三笠フーズ」による事故米の不正転売事件で、大阪、福岡、熊本の3府県警は24日午前、食品衛生法違反(有害食品の販売)と不正競争防止法違反(虚偽表示)の両容疑で大阪市北区の本社や福岡県筑前町の九州工場など関係先約30カ所の一斉捜索を始めた。

また、3府県警は大阪府警に合同捜査本部を設置、同社が当初から食用で転売する目的で汚染米を大量購入したとみて、詐欺容疑での立件も視野に捜査を進める。

食の安全を揺るがした前代未聞の食品偽装は刑事事件に発展した。捜査本部は今後、押収した資料を解析するとともに、F社長(73)ら関係者の事情聴取を進め、事件の全容解明を目指す。《産経新聞》



9月24日のできごと