平成7199日目

2008/09/23

【ソフトバンク・王貞治監督】「50年間、いい野球人生でした」

ソフトバンク王貞治監督(68)が23日、今季限りでの辞任を発表した。日本ハム24回戦(福岡ヤフードーム)終了後、福岡市内のホテルで記者会見した。


https://www.youtube.com/

「14年間お世話になりました」と王監督は切り出し、体力的な問題から辞任するに至るまでの経緯を説明。「(急降下した)9月の戦いというのが14年間の中でも考えられない戦いでした。これは大きな転換期だと思いまして、監督交代しなくてはと思いました」と話した。

辞任の決意はこの日朝、球団フロントに了承してもらったという。

「50年、いい野球人生でした。50年間1つの道にこれだけどっぷりつかって、心をときめかせて68歳までやれたことはとても幸せでした」時々、声を詰まらせ、目にはうっすら涙を浮かべての会見だった。今後は何らかの形で球団にかかわることになる。《日刊スポーツ》



【民主党・菅直人代表代行】汚染米で政府批判

民主党の菅直人代表代行は23日、秋田県横手市で講演し、汚染米問題に関し「役所をちゃんと指導しなければならない政治家や大臣が、役所の失敗を隠す手伝いをしている」と政府、与党の対応を厳しく批判した。

厚生年金の標準報酬月額改ざん問題でも「(従業員)本人がちゃんと払っているのに、65歳になるともらえる額がどんと減る。そんなインチキを役人がやるなどめちゃくちゃだ」と非難。

「失政が続いている食べ物や年金の問題を改めるため、一回民主党にやらせてもらえないか」と政権交代を訴えた。《共同通信》

【福田康夫首相】公邸去る

福田康夫首相は23日、退陣を24日に控えて首相公邸を引き払い、東京・野沢の私邸に移った。

首相は23日午前9時半ごろ、記者団のあいさつにも無言で公用車に乗り込み、公邸を出発。皇居での秋季皇霊祭・神殿祭の儀に出席した後、公邸に戻らず、礼服姿のまま私邸に直行した。首相周辺によると、大半の家財道具はこの日までに数回に分けて搬出した。《共同通信》



9月23日のできごと