平成7195日目

平成20年9月19日(金)

2008/09/19

【太田誠一農相】汚染米問題で辞任

9月19日のできごと(何の日)【太田誠一農相】汚染米問題で辞任

太田誠一農相は19日午前、汚染米の不正転売問題に関する農林水産省の検査体制の不備や自らの発言の責任を取って辞任する意向を固め、福田康夫首相に伝えた。首相は辞任を了承した。白須敏朗農水事務次官の退任も同日の閣議で了解されており、閣僚と事務方トップの2人がそろって辞任する異例の事態となった。

太田氏は首相に辞意を伝えた後の記者会見で「本日、農水省で取り組む当面の再発防止策を決定した。一つの節目だと思う」と説明。「解決は今の内閣で行わなければならない。この際、農水省全体としての結果責任を明確にした方がいいと思い、辞意を固めるに至った」と語った。

汚染米問題では業者に対する農政事務所の立ち入り調査などが不徹底だったため、長年にわたる不正転売が見抜けなかった。そうした中で太田氏は12日、「人体への影響はないと自信を持って言える。だから、あまりじたばた騒いでいない」と発言、国民の間に農水行政に対する不信感を植え付けた。《毎日新聞》



【民主党】国民新党との合併を見送り

民主党の小沢一郎代表と国民新党の綿貫民輔代表は19日午後、電話で会談し、次期衆院選前の合併見送りを確認した。綿貫氏が都内で記者団に明らかにした。国民新党側は、双方の解党と民主党の党名変更による新党結成を求めたが、民主党側は受け入れず、最後まで折り合わなかった。

国民新党が持つ「郵政票」の取り込みを狙った民主党と、二大政党下での埋没を恐れた国民新党の合併構想が頓挫したことで、政権交代を目指す野党共闘戦略は見直しを迫られそうだ。《福井新聞》

【映画監督・市川準さん】死去

CM界出身で「トニー滝谷」などの映画で知られる映画監督の市川準さんが東京都渋谷区の病院で死去したことが19日、分かった。59歳。東京都出身。関係者によると、外出先で倒れ病院に運ばれたという。

CM演出家として「禁煙パイポ」や「タンスにゴン」などのユニークなCMを手掛けた。1987年に映画「BU・SU」で監督デビュー。現代感覚にあふれた独特の映像表現で注目され、「会社物語」「病院で死ぬということ」「東京夜曲」「竜馬の妻とその夫と愛人」などの話題作を相次いで発表した。2004年にイッセー尾形さんと宮沢りえさんで映画化した村上春樹さん原作の「トニー滝谷」がスイス・ロカルノ国際映画祭で審査員特別賞を受賞した。10月に開催される第21回東京国際映画祭に新作の出品が決まっていた。《共同通信》



9月19日のできごと