平成7180日目

2008/09/04

【自民党総裁選】与謝野、石原氏出馬へ

自民党の与謝野馨経済財政担当相(70)と石原伸晃元政調会長(51)は4日、福田康夫首相(党総裁)の後継を決める総裁選に立候補する考えをそれぞれ表明した。小池百合子元防衛相(56)も出馬に必要な20人の推薦人を確保。既に出馬を決めている麻生太郎幹事長(67)を含め4候補で争う構図がほぼ固まった。

最有力の麻生氏に与謝野氏らが絡む構図で、経済財政政策が争点になりそうだ。若手グループなどに別の候補を擁立する動きも残っている。《福井新聞》




【沖縄県警】台湾産マンゴーを沖縄産と偽り販売、会社社長ら逮捕

台湾から輸入したマンゴーを宮古島産と偽り、インターネットを通じて販売していたとして、沖縄県警生活保安課などは4日、不正競争防止法違反(虚偽表示)の疑いで、食品通信販売会社社長A容疑者(41)=浦添市=と役員2人を逮捕した。

A容疑者は「自分1人でやった」と容疑を認めているが、他の2人は「関与していない」と否認している。調べによると、A容疑者らは7月11日ごろから24日ごろまでの間、台湾から仕入れたマンゴー約2.6トンについて、「宮古島産」と書かれた贈答用の箱に入れたり、シールを張りかえたりするなどして、うち約1.8トンを約1000人に販売した疑い。《時事通信》

【米大統領選】共和党・マケイン氏が指名受諾演説

米共和党大統領候補に指名されたマケイン上院議員(72)は4日、党大会最終日の指名受諾演説で「変革の時が来た」と旧来型政治の打破を呼び掛け、国民の信頼を回復すると表明。民主党候補のオバマ上院議員(47)との実績の差を前面に出し「この選挙に勝利する」と宣言。共和党政権を死守する決意を示した。

マケイン氏は副大統領候補のペイリン・アラスカ州知事とともに、支持率低迷にあえぐブッシュ政権とは一線を画す新たな共和党政権の構築を目指す。《共同通信》

【民主党】メディア戦略強化

民主党は4日、党の情報発信の在り方を論議する対策チームを立ち上げ、国会内で初会合を開いた。自民党の後継総裁レースに注目が集まる中、党内には「郵政民営化をめぐる『小泉劇場』の再来だ」と党の存在感が埋没することへの懸念が広がっている。このため小沢一郎代表ら幹部が各地を視察しメディアの露出を増やしたり、インターネットを活用するなど「メディア戦略」の強化策を検討する。

鳩山由紀夫幹事長は冒頭あいさつで「メディアの関心は自民党総裁選に向けられてる。民主党代表選が無投票となれば、党の姿はほとんど見えなくなる」と指摘。野田佳彦広報委員長も「総裁選を演出し、政権を維持させようという意図がありありだ。危機感を感じている」と強調した。《福井新聞》

9月4日/のできごと