平成7041日目

2008/04/18

【江東マンション神隠し殺人事件】20代女性が忽然と姿を消す

18日午後9時15分ごろ、東京都江東区潮見のマンション9階に住む会社員女性から「同居する妹がいなくなった」と110番があった。

行方が分からなくなったのは都内の会社に勤める20歳代の女性で、玄関と室内に微量の血痕があり、財布の入ったバッグが見当たらないことなどから、警視庁捜査1課と深川署は、事件に巻き込まれた可能性が高いとみて捜査を始めた。

捜査1課によると、女性は姉と2人暮らし。18日午後7時半ごろ「今自宅に着いたよ」と姉の携帯電話にメール送信したことが確認されている。午後8時45分ごろに姉が帰宅した際には、玄関の鍵は開いており、部屋の電気もついたままだったが、既に女性の姿はなかったという。

調べでは、玄関脇の壁に微量の血痕があり、室内にも血の跡があった。女性の靴はそろえた状態で玄関に残っていたが、財布などが入っていたバッグは見当たらないという。また、女性のピアスが玄関に1個、外側の廊下に1個落ちていた。女性の携帯電話は、電源が入っていない状態という。

マンションのエレベーターには防犯カメラがあり、午後7時半ごろ、女性が1人で乗り込んだことが確認されているが、エレベーターで降りる姿は映っていないという。また、ノーネクタイで短髪の40代ぐらいの男が女性が乗り込んだ直後にエレベーターに乗り込む映像が残されていたとされ、捜査1課が関連を調べている。 《毎日新聞》

広告




【経産省】クロックスに改善要請

経済産業省は18日、子供の履いた樹脂製サンダルがエスカレータのすき間に巻き込まれる事故が多発していることを踏まえ、米国の靴メーカーcrocs(クロックス)の子会社に構造や材質の改善を要請した。経産省所管の製品評価技術基盤機構(NITE)がクロックスの樹脂製サンダルを調査し、長靴やビーチサンダルなどほかの履物に比べエスカレータのすき間に巻き込まれやすい傾向があると評価した。《日経新聞》

【地方6団体緊急大会】暫定税率回復へ決議

全国知事会など地方6団体は18日、都内で3月末で期限切れとなった揮発油税など道路特定財源の暫定税率回復に向けた緊急大会を開き、政府と国会に対し、参院の審議を促進し早急に税率を回復するほか、国が税率失効に伴う地方の歳入欠陥を補てんするよう求める緊急決議をした。

大会後、麻生渡全国知事会長(福岡県知事)ら6団体の代表が福田康夫首相を訪れ、決議文を手渡した。福田首相は「皆さんにご迷惑をおかけして申し訳ない。参院で一日も早く、と思っている」と答えた。《福井新聞》

4月18日/のできごと