平成6993日目

2008/03/01

【民主党・小沢一郎代表】早期の衆院選「可能性十分」

民主党の小沢一郎代表は1日、盛岡市で記者会見し、国会状況を念頭に「今の福田内閣を見ていると危うい感じがする。与党、民主党、国民のためにも早く選挙した方がいいし、そうなる可能性は十分ある」と述べ、早期の衆院解散・総選挙もあり得るとの認識を示した。《共同通信》

3月1日のできごと(何の日)【民主党・小沢一郎代表】早期の衆院選「可能性十分」

小沢一郎代表は1日、盛岡市内で開催された岩手県連の第11回定期大会で挨拶し、「29日に予算案を強行採決したが、仮に一週間予算成立が遅れたとしても、国民生活に支障をきたさない仕組みになっている。なぜ強行採決しなければならないのか。私の常識では不可解だ」と、与党が08年度予算案と税制関連法案を衆議院で強行採決したことを強く批判した。

また小沢代表は「強行採決は政権与党のあせり、自分たちの政治行政に対する自信のなさを証明している」と述べ、「国民の生活が第一」の政治の実現のため、1日も早く解散・総選挙に追い込んで国民の審判を仰ぎ、政権交代を果たす決意を示した。

このあと開かれた記者会見でも小沢代表は与党の強行採決について、「十分な議論もせず、防衛省などの不祥事にふたをした。両院議長あっせんの趣旨に反して数で強行するやり方であり、政府・与党に対する信頼関係は完全に失われた状況にある」と述べ、徹底審議等を求めた両院議長あっせんは与党によってほごにされたとの認識を示した。

その上で小沢代表は、「日銀総裁人事であれ、何であれ、与野党が冷静に話し合う状況ではない。日銀総裁が空席になるかならないかはひとえに政府・与党の責任だ」と述べ、与党による強行採決が日銀総裁人事に影響を及ぼすのは避けられないとの認識を示した。

また小沢代表は、解散・総選挙の見通しについて「福田内閣は危うい感じがする。国民のためにも、早く選挙した方がいいし、そうなる可能性は十分にある」と指摘。福田首相が早期解散に追い込まれることを想定して選挙準備を急ぐ考えを示した。

小沢代表はさらに、県内4つの小選挙区のうち3つで議席を占める岩手県では、「残る岩手2区の勝利が政権交代へつながる。畑浩治総支部長本人も一生懸命で、選挙区内の皆さんの理解も進んできている。いい雰囲気だ」と述べ、4議席独占への自信をにじませた。

岩手県連の定期大会は、達増拓也岩手県知事、砂金文昭連合岩手会長など県内各種団体の方々の出席のもと、工藤堅太郎県連代表をはじめ、県選出の黄川田徹、階猛両衆議院議員、平野達男、主濱了、藤原良信各参議院議員、畑浩治第2区総支部長、所属県議会議員ほか各地域の代議員が参加。2008年の活動方針を承認するとともに、「衆議院選挙に万全の準備を整え、念願の2区での勝利を得、県内全選挙区の完全制覇を果たし、岩手の力を全国に発信し、悲願である小沢民主党政権の樹立を必ずや実現させる」ことを誓い、大会宣言とした。《民主党ニュース》




昭和64年1月1日〜このサイトをご覧頂いている日の一週間前まで、すべての日の「何らかの」できごとを記しています。

情報量が少ない日は随時加筆中です。更新情報もご確認ください。

引用記事は名前、住所など一部修正の上、抜粋してあります。また、画像は基本的にイメージです。

古い記事の多くは「書き写し」のため、誤字脱字が多数あります。見つけ次第修正していますがあらかじめご了承ください。

このサイトについて

【サッカー・ゼロックス杯】サンフレッチェ広島が初優勝

サッカーのゼロックス・スーパーカップは1日、東京・国立競技場で行われ、天皇杯準優勝で今季J2の広島が、昨季Jリーグと天皇杯を制した鹿島と2-2で迎えたPK戦を4-3で制し、初出場で初優勝、賞金3000万円を獲得した。鹿島は4度目の優勝を逃した。

試合は前半、鹿島の岩政、広島の李漢宰がそれぞれ2度の警告で退場となり、10人同士の戦いになった。鹿島は後半開始早々に本山、野沢と立て続けにミドルシュートを決めてリード。しかし、広島は35分に久保がPK、40分には佐藤寿が同点ゴールを決めてPK戦に持ち込み、天皇杯決勝で敗れた雪辱を果たした。《時事通信》

【WBAミニマム級タイトル戦】新井田豊選手、7度目の防衛成功

世界ボクシング協会(WBA)ミニマム級タイトルマッチ12回戦は1日、東京・後楽園ホールで行われ、チャンピオンの新井田豊(横浜光)が挑戦者で同級13位のホセ・バレラ(ベネズエラ)に6回2分16秒、KO勝ちして7度目の防衛に成功した。

新井田は世界王者のまま一度引退し、2004年7月に王座復帰を果たして以来7連続防衛となり、日本の世界王者の連続防衛記録で歴代単独4位となった。戦績は27戦23勝(9KO)1敗3分け。バレラはWBA王座初挑戦で王座に届かなかった。戦績は20戦15勝(7KO)4敗1無効試合。日本のジムに所属する現役世界王者は5人。《スポニチ》

【この日の民主党】

国民主役の政治を作り出すため邁進する 鳩山幹事長

鳩山由紀夫幹事長は1日午前、東京・明治公園で開かれた「2008春季生活闘争 連合要求実現3・1中央総決起集会」で挨拶し、国民が主役になる政治を作り出すため早期の解散総選挙を求めると表明した。

冒頭、昨夜の平成20年度予算案の衆議院通過に言及。道路特定財源制度、イージス艦衝突事故、年金など、様々な問題について議論が尽くされていない中、一気に与党の強行採決が行われたと述べた。

「徹底した審議を求めた両院議長のあっせんが、簡単に与党によって破られてしまったことを、怒りを込めて抗議の行動にあらわす。参議院で始まる審議の中で、暫定税率の撤廃というかたちで必ず結実しなければならない。何をやりたいのか分からない福田政権には早く引き下がってもらい、国民が中心、主役となる政治を作り出すために、早期解散の実現を求める」と表明。

また「地域において格差に悩む多くの方々のためにたたかい続けなければならない。日本の経済を立て直すには内需の拡大しかない。内需の拡大を実現させるためには、働く方々の賃金を上げ、消費を増やす以外に方策はない」と指摘。春季闘争に臨む働く皆さんと同じ思いで連帯し、他の野党ともしっかりスクラムを組んで、新しい政治を作り出すために邁進するとした。

これに先立って開かれた民主党の街頭演説会には、高山智司遊説局長をはじめ、党所属の参議院議員、衆議院総支部長、都議会議員が多数参加。ガソリン税の暫定税率廃止、社会保障制度、物価上昇、新銀行東京への追加出資などの問題を挙げて、「国民の生活が第一」の政治を実現する党への支持を訴えた。《民主党ニュース》



3月1日 その日のできごと(何の日)