2007 平成19年9月29日(土)のできごと(何の日)

平成6839日目

2007/09/29

【パ・リーグ】日本ハム、2年連続4度目の優勝

プロ野球パシフィック・リーグで29日、北海道日本ハムファイターズが、2年連続4度目(東映時代含む)の優勝を果たした。

優勝マジックを「2」としていた日本ハムは、千葉マリンスタジアムでロッテを9―1で破り、2連覇を決めた。パ・リーグ連覇は、1999、2000年のダイエー(現ソフトバンク)以来。

今季は堅い守備と、ダルビッシュ有投手(21)を中心に安定した投手陣を前面に出し、犠打を多用する手堅い野球で、勝ち抜いた。

既に今季限りでの退団を表明しているトレイ・ヒルマン監督(44)は「最高の気持ち。選手たちはチームのためにプレーするという気持ちを持って戦ってくれた」と喜びを語った。《読売新聞》




【NHK連続テレビ小説・どんと晴れ】最終回

【舛添要一厚労相】年金納付窓口廃止へ

舛添要一厚生労働相は29日午前、社会保険庁職員らによる国民年金保険料などの着服の再発防止策として、全国の社会保険事務所で実施している保険料徴収の窓口業務の廃止を検討する考えを表明した。

舛添氏は同日の民放テレビ番組で「窓口で掛け金を払うのを一切やめさせる。コンビニで払うとか、郵便局や銀行からの引き落としにすれば問題ない」と言明。その後、都内で記者団に「窓口で支払う人はわずか1.7%だが、口座を持たない人の対応も含め、早急に具体策を検討したい」と述べるとともに「職員が現金決裁に関わるから不正が起きた。役所が信用されないのは残念だが、少なくとも横領はできなくなる」と強調した。《福井新聞》

9月29日/のできごと

シェアする

フォローする