平成6832日目

2007/09/22

【民主党・鳩山由紀夫幹事長】衆院選「遅くても来夏」

民主党の鳩山幹事長は22日、北海道苫小牧市内のホテルで、「国民の審判を得ていない内閣は出来るだけ早く審判を受けるべきだ。小沢代表は『明日にでも(衆院を)解散しろ』という思いだ」と述べ、安倍首相の後継首相に対して早期の衆院解散・総選挙を要求する考えを表明した。次期衆院選に向けた自らの選挙対策本部発足総会のあいさつで語った。

衆院選の時期については「我々が来年度予算の関連法案をストップさせれば(新政権が)解散で信を問う可能性もある。(自民党は)北海道洞爺湖サミットまで解散を延ばしたいのが本音だ。いずれにしても遅くとも来年夏あたりが解散・総選挙の時期になる」と述べた。《読売新聞》




昭和64年1月1日〜このサイトをご覧頂いている日の一週間前まで、すべての日の「何らかの」できごとを記しています。

情報量が少ない日は随時加筆中です。

引用記事は名前、住所など一部修正の上、抜粋してあります。また、画像は基本的にイメージです。

古い記事の多くは「書き写し」のため、誤字脱字が多数あります。見つけ次第修正していますがあらかじめご了承ください。

このサイトについて

【神戸新聞】システムダウン、支援協定結ぶ京都新聞に協力依頼

22日午前8時ごろ、神戸市中央区の神戸新聞社で、紙面制作システムのコンピューターが故障し、編集作業ができなくなった。

同社は、災害相互支援協定を結んでいる京都新聞社(京都市中京区)に協力を依頼して夕刊(約25万6000部)を発行したが、配達が最大3時間遅れた。同日夜までに復旧のめどが立たず、23日朝刊制作のため、京都新聞社に社員を派遣した。

神戸新聞社によると、22日夕刊は一面と社会面の一部を除いて京都新聞社の記事を使い、普段より4ページ少ない8ページで発行。京都新聞社が制作した紙面データを送ってもらい、神戸新聞社で印刷した。

災害などによるシステムダウンに備えた両社の相互支援協定は1994年に結ばれ、95年1月の阪神大震災の際に神戸新聞社が制作を依頼している。《読売新聞》

【世界レスリング】吉田沙保里、坂本日登美選手が優勝

レスリングの世界選手権第6日は22日、日本女子が2階級を制覇した。55キロ級では吉田沙保里(綜合警備保障)が女子史上初の5連覇を達成。五輪種目ではない51キロ級決勝では坂本日登美(自衛隊)が任雪層(中国)に2−0で勝ち、3年連続5度目の優勝。

2連覇中だった59キロ級の正田絢子(ジャパンビバレッジ)は3回戦で敗退。日本女子はこれまでの4階級中3階級を制覇したが、前回に続く全階級の金メダル獲得は逃した。《読売新聞》



9月22日 その日のできごと(何の日)