平成6809日目

2007/08/30

【厚生労働省】前九州局長に高級車

厚生労働省九州厚生局の松嶋賢前局長(59)が約2年前、大阪府内にある社会福祉法人の前理事長から、中古の高級乗用車を受領していたことが30日、分かった。前局長は当時、同省障害保健福祉部の課長で、社会福祉法人を監督する立場にあり、利害関係者からの金銭や物品提供を禁止した国家公務員倫理法に抵触する疑いがある。

前局長は取材に対し、「乗らないから持っていけと言われた」と答え、受領を認めた。親せき関係だとして、便宜供与を否定している。《時事通信》




【トヨタ・ヴァンガード】発売

10102067_200708
http://www.goo-net.com/

【中教審】“ゆとり教育”部分修正へ

学習指導要領の改訂作業を進めている中教審の小学校部会は30日、小学校三年生以上で週3時間(1単位時間は45分)程度実施している「総合的な学習の時間」を週1時間程度減らし、国語、算数など主要な5教科の授業数を全体で1割程度増やす素案をまとめた。小学校高学年で週1時間程度「英語活動」の授業実施もほぼ合意した。

素案通りに改定されれば、低学年では総時間数が週2時間、中・高学年では週1時間程度増加。1977年以来続いた授業時間数削減の流れを30年ぶりに転換し「ゆとり教育」を部分修正することになる。現行の週5日制は維持する方針。《福井新聞》

【民主党・小沢一郎代表】独・メルケル首相と会談

民主党の小沢一郎代表は30日午前、都内のホテルでドイツのメルケル首相と会談した。

メルケル氏はテロ対策特別措置法の延長問題を念頭に「できるだけ多くの国が国際テロ問題に関与すべきだ」と述べ、間接的に海上自衛隊のインド洋での給油活動継続に理解を要請。

小沢氏はアフガニスタンでの対テロ作戦は国連の承認を得ていないとの持論を展開、活動継続に反対する考えをあらためて表明した。《福井新聞》

8月30日/のできごと