平成6564日目

平成18年12月28日(木)

2006/12/28

【阪神・金本知憲外野手】5億5000万円で更改

阪神の金本知憲外野手(38)が28日、兵庫県西宮市の球団事務所で契約更改交渉を行い、3年契約、今季の2倍以上となる年俸5億5000万円で更改した。松中信彦内野手(33)(ソフトバンク)の5億円を抜き、現役日本人選手で球界最高年俸となった。

金本によると、球団の提示額が5億5000万円以上だったが、自らダウンを申し出て、その分をチームスタッフに還元することになった。金本は「裏方さんもプロであってほしい。球団は待遇改善を約束してくれたので感謝している」と語った。

金本は今季、打率3割3厘、26本塁打、98打点。いずれも昨季の成績を下回った。しかし2003年に広島から移籍した際、今季まで4年契約を結んでいたため、03、05年のセ・リーグ優勝でも年俸が据え置かれた。球団は過去の実績を含めて評価、2億6000万円からの大幅アップとなった。(金額は推定)《読売新聞》

【全日本フィギュア】高橋大輔選手が2連覇

フィギュアスケート・全日本選手権第2日(28日・名古屋市総合体育館レインボーアリーナ)–男子はショートプログラム(SP)首位の高橋大輔(関大)が4回転半ジャンプを決めるなど、フリーでもほぼ完璧な演技で1位となり、2連覇を達成した。

織田信成(関大)はトリプルアクセル(3回転半ジャンプ)で転倒、2年連続で2位に終わった。小塚崇彦(愛知・中京大中京高)は6位。《読売新聞》

【渡辺喜美内閣府副大臣】行革相に就任

安倍晋三首相は28日、政治資金収支報告書に不適切な処理があったとして行政改革担当相を引責辞任した佐田玄一郎氏の後任に渡辺喜美内閣府副大臣を任命した。渡辺氏は同日午後、皇居での認証式を終え、正式就任した。渡辺氏は初入閣。《共同通信》

12月28日のできごと