平成6531日目

2006/11/25

【京都国際マンガミュージアム】オープン

全国初の総合まんが博物館「京都国際マンガミュージアム」が25日、京都市中京区にオープンした。

「ドラえもん」のアジア各国での翻訳本や米国版「少年ジャンプ」、「ジャングル大帝」のフランス語版など約20万点を収蔵。海外の大学とも連携し、まんがを通じた国際文化交流も進める。

博物館は3階延べ約5000平方メートルで京都市と京都精華大が約12億円を掛けた。館長は「バカの壁」などの著書で知られる養老孟司・東京大名誉教授(69)。

初日から大勢のまんがファンらが詰めかけ、1〜3階の総延長約140メートルに及ぶ「マンガ本の壁」にくぎづけになっていた。

入館料は大人500円、中高生300円、小学生100円。水曜休館。《読売新聞》




昭和64年1月1日〜このサイトをご覧頂いている日の一週間前まで、すべての日の「何らかの」できごとを記しています。

情報量が少ない日は随時加筆中です。

引用記事は名前、住所など一部修正の上、抜粋してあります。また、画像は基本的にイメージです。

古い記事の多くは「書き写し」のため、誤字脱字が多数あります。見つけ次第修正していますがあらかじめご了承ください。

このサイトについて

【大相撲九州場所14日目】横綱朝青龍関、3場所連続19度目の優勝決定

大相撲九州場所14日目(25日・福岡国際センター)横綱朝青龍が大関琴欧洲を下手出し投げで下し、14連勝で3場所連続19度目の優勝をした。千秋楽で9場所ぶり5度目の全勝優勝を目指す。《共同通信》

【自民党・中川秀直幹事長】復党問題「統一会派が安倍首相の本音」

自民党の中川秀直幹事長は25日、広島市内で講演し、郵政造反組の復党問題をめぐる安倍晋三首相の考えについて、まず造反組の衆院議員12人が自民党と国会で統一会派を組み協力姿勢を示した上で、復党するのが望ましいというのが「本音だった」と明かした。

中川氏は「首相は本来なら統一会派が望ましいが、それが困難なら国民、党員の理解、納得が得られるような形でやってほしいという考え方だ」と述べた。《共同通信》



11月25日 その日のできごと(何の日)