平成6473日目

2006/09/28

【タイ・スワンナプーム国際空港】開港

バンコク郊外の新国際空港「スワンナプーム空港」が28日、全面開港した。クーデターのため予定通りの開港が危ぶまれたが、本格運用にこぎ着けた。東南アジアのハブ(拠点)空港を目指し、年間約4500万人の利用を見込んでいる。

バンコク中心部の東約30キロに位置し、敷地面積は約3200ヘクタールで成田空港の約3倍。4000メートルと3700メートルの計2本の滑走路を持つ大型空港だ。7階建てのターミナルビルは延べ床面積56万3000平方メートル。今月15日から一部路線の運航が始まっていた。《共同通信》




【岐阜県・古田肇知事】県庁裏金問題で4421人の処分発表

約17億円に上る岐阜県庁の裏金問題で、古田肇知事は28日、職員4421人を処分すると発表した。古田知事自身も減給10分の5(12カ月)とし、裏金の返還方法や再発防止策を盛り込んだ「県政再生プログラム」を明らかにした。懲戒免職は計4人で、古田知事は「組織的な裏金問題で懲戒免職者が出たのは初めて」と述べた。

処分は県警と教職員を除いた職員の57・3%に上り、知事以下の管理職全員が対象。県は「他の自治体で起きた裏金問題に比べても最も重いレベル」と深刻さを強調。裏金を焼却するなど隠ぺい体質が際立った同県の裏金問題は大きな節目を迎えた。《中日新聞》

【安倍晋三首相】韓国・盧武鉉大統領と電話会談

安倍晋三首相は28日、就任後初めて韓国の盧武鉉大統領と電話で会談し、11月18日からハノイで開かれるアジア太平洋経済協力会議(APEC)首脳会議の機会やその前も含め、早期に首脳会談を行うことで合意した。両首脳は「未来志向の日韓関係を構築していく」ことでも一致。具体的な会談時期は今後事務レベルで調整する。《福井新聞》

9月28日/のできごと