平成6288日目

2006/03/27

【ゆりかもめ】有明〜豊洲開業

東京の臨海部を走る新交通システム「ゆりかもめ」の有明(江東区)-豊洲(同)間2・7キロが27日、新たに開通した。

同区間には「有明テニスの森」「市場前」「新豊洲」「豊洲」の4駅が新設された。「市場前」は、築地市場(中央区)が2012年度に同駅付近に移転するため。

ゆりかもめは新橋(港区)-有明の12キロが1995年11月開業。沿線のお台場などベイエリアが観光の新名所として人気を呼び、1日約9万人が乗車。新橋-豊洲は31分で結ばれる。

コンピューター制御による列車自動運転装置(ATO)で無人運転、全駅にホームドアが設置されている。《共同通信》



【歌手・森昌子さん】芸能活動復帰会見

歌手森昌子さん(47)が27日、東京都内のホテルで記者会見し、4月から復帰することを明らかにした。昌子さんは「しばらく歌を避けていましたが、昨年末から日々の生活で歌を自然に口ずさむようになった。私にはやはり歌しかない。今は晴れやかな気持ちです。元気になった私を見てほしい」と語った。《共同通信》

【東京高裁】オウム・松本智津夫被告の控訴棄却

地下鉄サリン、松本サリン、坂本堤弁護士一家殺害など13事件で、殺人罪などに問われたオウム真理教の麻原彰晃こと松本智津夫被告(51)(1審・死刑)の控訴審で、東京高裁(須田賢裁判長)は27日、松本被告には訴訟能力があると認め、弁護側が期限までに控訴趣意書を提出しなかったことを理由に、公判手続きを打ち切る控訴棄却の決定をした。

弁護側は、今後、同高裁に異議を申し立て、認められなければ、最高裁に特別抗告することができるが、控訴審での公判審理を経ずに、松本被告の死刑が確定する公算が大きくなった。刑事訴訟法は、提出期限までに控訴趣意書が提出されなかった場合、「やむを得ない事情」があるときを除いて決定で控訴棄却をしなければならないと定めている。《読売新聞》

【2006年度予算案】成立

一般会計総額79兆6860億円の2006年度予算案は27日夕、参院本会議で与党の賛成多数により可決、成立した。通常国会は前半のヤマ場を越え、論戦の焦点は行政改革推進法案や、医療給付費を抑制する医療制度改革関連法案に移る。小泉純一郎首相は会期延長はせず、6月18日までの会期内に重要法案を成立させたい意向だ。《共同通信》

【小泉純一郎首相】在任中の靖国参拝を示唆

小泉純一郎首相は27日夜、06年度予算案成立を受け、首相官邸で記者会見した。首相は、9月の自民党総裁選の争点に浮上しているアジア外交と自らの靖国神社参拝について「私の靖国参拝を批判する中国、韓国の政府がいまだに理解できない。中国の言うとおりすればアジア外交が展開されるものではない」と強調。両国の対応を改めて批判、今年も「年1回」参拝の前例に沿い、首相在任期間中に参拝を行うことを示唆した。

首相は靖国参拝について「適切に判断する」としながら「これは心の問題だ。靖国参拝をやめれば中国、韓国との関係がうまくいくというのは、突き詰めれば中国や韓国の言うとおりしなさいということにつながる」と強調した。

また、ポスト小泉の条件を記者団から問われ、首相は「小泉内閣が進めた改革路線をしっかり進めてほしい」と注文、「指導者の3条件と言われている使命感、洞察力、情熱を十分胸に秘めた方を期待している」と語った。イラク自衛隊の撤退時期に関しては「今の時点で申し上げる段階にはない」と述べるにとどめた。《毎日新聞》

【前名護市長・岸本建男さん】死去

前沖縄県名護市長で米軍普天間飛行場(同県宜野湾市)の移設問題に取り組んだ岸本建男(きしもと・たてお)氏が27日午後6時50分、同県西原町の琉球大医学部付属病院で死去した。62歳。沖縄県出身。

市企画部長、助役を経て1998年、移設受け入れ表明後に辞任した当時の比嘉鉄也市長の後継者として初当選。99年に名護市辺野古沖合への移設計画に同意した。

2002年に再選後、在日米軍再編に伴い日米両政府が05年10月に合意したキャンプ・シュワブ沿岸部(同市)への移設には、位置が地元集落に近すぎることなどから一貫して反対してきた。健康問題を理由に06年2月に退任していた。《共同通信》



3月27日のできごと