平成6261日目

平成18年2月28日(火)

2006/02/28

【民主党・永田寿康衆院議員】メール問題で謝罪


http://www1.dpj.or.jp/

民主党の永田寿康衆院議員は28日、国会内で記者会見し、メールをもとに、不確かな裏取りで追及したことについて「誠に申し訳ありませんでした。国会を混乱させたことをおわび申し上げます」と深々と頭を下げた。

自らの処分については衆院の懲罰動議には「真摯に従わせていただく」とする一方で、議員の身分は「鳩山由紀夫幹事長と、衆議院にお任せする」と述べた。

会見で、永田氏は「仲介者に全幅の信頼を置いていた」とし、元のメールの提供者はライブドアの関係者で送金にもかかわっているとしていることや、銀行口座を示していることなどから信用したと説明した。

しかし、現在は、「メールの信憑性を立証できない」とし、先週半ばから立証を断念していることを明らかにした。 《朝日新聞》




【民主党・野田佳彦国対委員長】メール問題で辞任

民主党の永田寿康衆院議員(比例南関東)は28日午後、ライブドアの送金指示メール問題をめぐり、国会内で記者会見し「信ぴょう性を立証できなかった」と陳謝した。永田氏は議員にとどまる。

同党は同氏の衆院予算委員会での質問が国会の混乱を招いたとして野田佳彦国対委員長、藤村修同代理が引責辞任し、永田氏の半年間の党員資格停止処分を決定、「メールは本物ではない」との党声明を発表した。

前原誠司代表は口座情報に基づく国政調査権の発動要求を取り下げる考えを表明した。しかし与党は永田氏が記者会見でメールについて「偽物」との明言を避けたことに強く反発、問題が尾を引く可能性もある。民主党両院議員総会では執行部への批判が相次ぎ、前原氏の求心力低下も加速しそうだ。《日刊スポーツ》

【小泉純一郎首相】永田氏「過ち認め出直しを」

小泉首相は28日午前の衆院予算委員会で、「送金指示メール」問題を国会で取り上げた民主党の永田寿康衆院議員について「根拠のないものを基にして、個人を非難、中傷した。過ちは過ちとして素直に認めて『悪かった』と反省し、一日も早く出直して欲しい」と述べた。公明党の桝屋敬悟氏の質問に答えた。

安倍官房長官は同日午前の記者会見で、民主党の責任について「『メールは全く偽物でした。すみません』と潔く謝り、疑惑を挙げた根本が崩れているわけだから、(それ以外の疑惑も)きれいさっぱり全部間違ってました、と言うべきだ。それが責任を取る第一歩ではないか」と語った。

また、自民党の武部幹事長は28日午前の役員連絡会で、「民主党と永田氏の(午後の)説明、謝罪を見極めたい。内容によっては懲罰に付するなど、厳正な対処で臨みたい」と述べた。

久間総務会長は同日の記者会見で、永田氏について「いい薬になっただろう。議員の身分は選挙民から負託を受けており、簡単に辞めたとか、辞めさせろというものではない」と述べ、議員辞職の必要はないとの考えを示した。《読売新聞》

2月28日/のできごと