平成6260日目

平成18年2月27日(月)

2006/02/27

【WBCスーパーフライ級タイトル戦】徳山昌守選手、初防衛

世界ボクシング評議会(WBC)スーパーフライ級タイトルマッチ12回戦は27日、大阪市中央体育館で行われ、チャンピオンの徳山昌守(金沢)が挑戦者で同級1位のホセ・ナバーロ(米国)を3-0の判定で下し、昨年奪回した王座の初防衛に成功した。

昨年7月に川嶋勝重(大橋)からタイトルを取り戻した徳山は、これで通算9度目の王座防衛となった。戦績は36戦32勝(8KO)3敗1分け。31歳5カ月での世界王座防衛は、日本のジム所属選手の最年長記録。

ナバーロは昨年1月の川嶋戦に続く世界挑戦にも失敗した。戦績は25戦23勝(11KO)2敗。《共同通信》




【小泉純一郎首相】「おれなんか毎日入院しないと」


http://www.kantei.go.jp/

「あれくらいのストレスで入院しちゃうなら、おれなんか毎日入院しないといけない」小泉純一郎首相は27日の自民党役員会で、ライブドアの送金指示メールを国会で取り上げた民主党の永田寿康議員が入院するなど、混迷を深める民主党を痛烈に皮肉った。

ただ、永田氏の進退問題には「除名というのは死刑宣告みたいなものだから民意を大事にしないといけない」と述べ、懲罰委員会での除名処分に慎重な姿勢をみせた。《共同通信》

【小泉純一郎首相】退任まで造反議員の復党認めず

小泉純一郎首相は27日夜、昨年郵政民営化関連法案に反対し自民党を離党した衆院議員の処遇について、9月の退任まで復党は認めない考えを明らかにした。官邸で記者団の質問に答えた。

首相は「将来はどうか分からないが、まだ国会は終わっていない。来年の参院選もあるし、協力具合を見ないと(復党は)無理ではないか」と指摘。小泉政権の間は認めないのかとの問いに「そうだ」と述べた。

これに先立ち首相は武部勤幹事長と党本部で会談し、郵政法案に反対して離党した衆院議員の復党は容認できないとの認識で一致した。《共同通信》

2月27日/のできごと