2006 平成18年1月20日(金)

平成6222日目

平成18年1月20日(金)

2006/01/20

【政府】米国産牛輸入再停止を決定

政府は20日、輸入された米国産牛肉に、BSE(牛海綿状脳症)の病原体が蓄積しやすい特定危険部位の脊柱が混入していたため、12月に再開したばかりの輸入を、再び全面禁止する方針を決めた。安全が確認されるまでの措置。食品の安全性をめぐる議論の末に、一度は決着した米国産牛肉の輸入禁止問題は、振り出しに戻る。

米国側のずさんな対応と同時に、米国に対する配慮から輸入再開を急いだ日本政府への批判も強まると見られる。

Embed from Getty Images

問題の牛肉は、米ニューヨーク・ブルックリンの食肉加工業者が輸出したもので、20日に成田空港に到着。動物検疫所で調べたところ、41箱(390キロ・グラム)のうち3箱(55キロ・グラム)から、背骨がついた子牛の肉が見つかった。

これらの牛肉はすべて送り返すか焼却処分する。 この業者は、禁輸措置前に日本への輸出実績がある。再開後の今月6日に対日輸出向けの加工場として米政府の認定を受けたばかりだ。第1号となった今回の牛肉には、米政府の検査官の証明書もついていた。脊柱は、脳などとともにBSEを引き起こす病原体が蓄積されやすい部位とされ、除去することが日本の輸入条件となっている。

小泉首相は20日夜、記者団に対し「再開したばかりなのに残念だ。中川農相から米国産牛の日本への輸出は全部ストップすると電話で報告があった。米国にしっかりとした対応を求めるというので『それはいいことだ』と言った」と述べ、輸入の再禁止を指示したことを明らかにした。

さらに中川農相に「厚生労働相とよく協議して米国にしかるべき対応を求め、適切な措置を日本として求めるように」と指示した。《読売新聞》




【小泉純一郎首相】最後の施政方針演説

1月20日は何の日【小泉純一郎首相】最後の施政方針演説
http://www.kantei.go.jp/

小泉純一郎首相が20日午後、最後の国会演説に臨んだ。通常国会開会に伴う衆参両院本会議場での施政方針演説。熱弁や詭弁(きべん)、得意の「サプライズ」も期待されたが、目を引くような訴えに乏しい。悲願の郵政民営化問題にけりをつけ、燃え尽きてしまったのか……。02年の演説で55回にのぼった「改革」の連呼も過去最低の22回だった。《毎日新聞》

【スズキ・MRワゴン】フルモデルチェンジ

1月20日は何の日【スズキ・MRワゴン】フルモデルチェンジ
http://www.carsensor.net/

【千葉県警】免許センターのコースに釘121本をまいた男を逮捕

千葉県警運転免許センターの試験コースにくぎ121本をまいたとして、千葉西署は20日、威力業務妨害容疑で千葉県八千代市、運送会社アルバイトK容疑者(33)を逮捕した。 同署によると、K容疑者は大型1種免許の試験に昨年9月末から3回連続で落ちていたという。容疑を否認している。

調べでは、K容疑者は昨年12月13日午後1時ごろから同2時半ごろの間に、千葉市美浜区の運転免許センターの試験コース上にくぎ(長さ約3.8センチ)121本をまき、試験を中断させた疑い。 係官が気付いたため、パンクした車はなかった。 《共同通信》

1月20日/のできごと