2006 平成18年1月6日(金)

平成6208日目

平成18年1月6日(金)

2006/01/06

【小泉純一郎首相】予算の3月成立を指示

小泉純一郎首相は6日午前の今年初めての閣議で「まずは予算を年度内に成立させることが大事だ」と述べ、20日召集の通常国会で2006年度予算案の3月末までの成立に全力を挙げるよう各閣僚に指示した。《共同通信》




【Andy McKee】アルバム「Art of Motion」発売


https://www.youtube.com/

【仙台市宮城野区】男が病院から新生児連れ去る

6日午前3時40分ごろ、仙台市宮城野区東仙台6丁目、光ケ丘スペルマン病院(志村早苗院長)に男が侵入し、3階307号室で会社員Aさん(27)=宮城野区=の妻Bさん(23)が添い寝していた長男のSちゃん(生後11日)を連れ去った。宮城県警捜査一課は未成年者誘拐事件として仙台東署に捜査本部を設置。Bさんは男と面識がないといい、捜査本部は無差別に新生児を連れ去った可能性があるとみて、男の似顔絵も公開して行方を追っている。

調べでは、男は「火事だ」と言いながら、病室に入り、ベビーベッドに寝ていたSちゃんを抱きかかえ、東側の非常階段から逃げた。男は直前に病室の約10メートル西側のナースセンターに立ち寄り、2人の女性看護師に、院長名を書いたノートの切れ端を渡し、「院長に会いたい」と要求。筒状の物も示し「米軍の点火装置だ」とも脅した。看護師が拒むと、病室に向かったという。

Bさんは男を救助に来た病院職員と思い、連れ去りと察知できなかった。その後、火事がうそだと分かり、携帯電話から110番した。Sちゃんは体重4000グラムで、白の産着を着ていた。捜査本部は男が院長との面会を求めていることから、病院がトラブルを抱えていなかったのかどうかも調べる。紙切れには意味不明のことも書いてあったという。《河北新報》

【民主党・鳩山由紀夫幹事長】代表選前倒し論を批判

民主党の鳩山由紀夫幹事長は6日の記者会見で、前原誠司代表が9月の代表選の前倒し論を示したことについて「出馬する可能性の高い人が言うと周囲から(他候補封じ込めと)勘繰られる」と苦言を呈した。「自民党総裁選に食われてしまうという発想でなく、食う気概で臨むべきだ」と強調。「前原代表のもとでバラバラ感を払しょくする方向でまとまれば、信任投票の形で進む可能性もある」と指摘した。《日経新聞》

1月6日のできごと