平成6162日目

平成17年11月21日(月)

2005/11/21

【城島健司捕手】マリナーズ入り

米大リーグのシアトル・マリナーズは21日、福岡ソフトバンクホークスからフリーエージェント宣言し、大リーグ移籍を目指していた城島健司捕手(29)と3年契約を結んだと発表した。AP通信によると、3年間の年俸総額は1650万ドル(約19億6800万円)。城島は日本人捕手として初の大リーガーとなる。マリナーズには現在、イチロー外野手(32)が所属している。《読売新聞》




【耐震強度偽装事件】建設中のマンションを解体へ

千葉県に21日、入った連絡によると、同県白井市で建設中の分譲マンション「ラ・ベルドゥーレ白井」を設計、施工した木村建設(熊本県八代市)は、耐震強度が偽造された恐れがあるため、マンションを12月3日から解体する。マンションは、来年3月から入居開始予定だった。

千葉県によると、同社は「強度を再計算したが結果が悪く、補強工事をしても当初の住宅機能を保てない」と文書で回答したという。

千葉県は14日、木村建設と建築主の東日本住宅(東京都新宿区)に対し、マンションの安全性について報告するように求めていた。《共同通信》

【小泉純一郎首相】ロシア・プーチン大統領と会談


https://www.kantei.go.jp/

小泉純一郎首相は21日午後、ロシアのプーチン大統領と首相官邸で約2時間半会談した。日ロ間の最大の懸案である北方領土問題では両国の隔たりが大きく、具体的進展はなかった。

共同声明の作成も見送られ、今後も粘り強く交渉を続けることで一致するにとどまった。日ロ首脳が相手国を訪問した際に、政治文書の署名が見送られるのは異例で、領土問題の打開は当面困難な情勢になった。《共同通信》

11月21日/のできごと