平成6163日目

平成17年11月22日(火)

2005/11/22

【ドイツ連邦議会】アンゲラ・メルケル氏を首相に選出

ドイツ連邦議会(614議席)は22日午前、キリスト教民主・社会同盟(CDU・CSU)のアンゲラ・メルケル党首(51)を首相に選出した。首相はケーラー大統領から任命された後、連邦議会で就任宣誓した。同日夜には初閣議を招集し、社会民主党(SPD)との戦後2度目の大連立政権を始動させる。

Embed from Getty Images

首相選出の投票では、出席612議員のうち、賛成397、反対202、棄権12、無効1だった。大連立を組む同盟と社民党の議席数はそれぞれ226と222の計448で、連立与党側からも反対票が出ており、両党内に大連立への反対論がくすぶっていることをうかがわせる結果となった。《読売新聞》




【イラク】自爆で21人死亡

イラク北部キルクークで22日、警官を狙った自爆攻撃があり、AP通信によると、少なくとも21人が死亡、24人が負傷した。一方、イラク駐留米軍は、米兵3人が同日までに武装勢力の攻撃で死亡したと発表。2003年3月のイラク戦争開戦以来の米兵の死者は、同通信の集計で2100人に達した。

米軍によると、首都バグダッドの西方ハバニヤ付近で21日、米軍車両が爆弾による攻撃を受け、米兵1人が死亡。北部モスルでは19日、パトロール中の米兵2人が小火器による攻撃を受けて死亡した。

キルクークの自爆攻撃では、警官1人が発砲を受け、その捜査のために別の警官らが集まってきたところに車が現れ、自爆したという。《共同通信》

【小泉純一郎首相】自民党立党50年記念大会で演説

Embed from Getty Images

自民党は22日、都内のホテルで立党50年記念大会を開いた。小泉純一郎首相(党総裁)は演説で「世界の変化に対応しうる改革を平和のうちに進めることが政権政党の責務だ」と述べ、改革の続行に強い意欲を表明。大会は日本の歴史と伝統の尊重などを盛り込んだ立党50年宣言を発表した。《共同通信》

11月22日/のできごと