2005 平成17年11月7日(月)

平成6148日目

平成17年11月7日(月)

2005/11/07

【沖縄県・稲嶺恵一知事】沿岸案を拒否

稲嶺恵一知事は7日午前、首相官邸に安倍晋三官房長官を訪ね、日米両政府が合意した米軍普天間飛行場のキャンプ・シュワブ沿岸部への移設について「今回の沿岸案は容認できない」と拒否する考えを伝えた。知事は「沿岸案は過去において十分に検討されて、現行案になった。そのいきさつを踏まえた場合、容認できない」とSACO合意に基づく普天間代替施設の建設位置決定過程で、沿岸案が廃案となり、現行案が選択された経緯を重視するよう求めた。知事によると安倍長官は「額賀福志郎防衛庁長官があす(8日)沖縄を訪問するので、そこで具体的な内容を話す」と答えるにとどまった。

稲嶺知事は安倍長官に「(沿岸案は)県の基本的な考え方とは全く相いれない」と明記した知事コメントを手渡した。米軍再編の中間報告全体に関しては「海兵隊の削減などは一定評価できる。具体的にはよく中身が分からない点が多々あるので、その辺りは話を聞きたい」と述べた。《琉球新報》




【三笠宮寛仁さま】入院

宮内庁は7日、三笠宮寛仁さま(59)が同日夕、東京・新宿区の慶応大学病院に入院されたと発表した。

同庁によると、寛仁さまは5日ごろから風邪の症状があり、その後、胸に軽い痛みを感じられたために同病院で診察を受けたところ、心膜炎の疑いと診断された。ウイルス性の可能性があり、当面、3日間ほど入院されるという。

寛仁さまは5日から10日にかけ、福祉関係の行事出席で愛知県を訪問する予定だったが、風邪のため、取りやめられていた。心膜炎は、心臓を外から包んでいる心膜が炎症を起こし、膜の間に水がたまる病気。《読売新聞》

【斎木昭隆・外務省アジア大洋州局審議官】日朝対話について拉致被害者家族に報告

北朝鮮による拉致被害者家族連絡会のメンバーらは7日夜、内閣府で斎木昭隆・外務省アジア大洋州局審議官と面会し、今月3、4の両日、中国の北京で開かれた日朝政府間対話について説明を受けた。

今回の政府間対話で、日本側が拉致問題だけでなく、国交正常化交渉も並行して協議すると提案したことについて、家族らからは「拉致問題が棚上げされるのでは」と、不安視する声も上がった。

面会後、会見した支援組織「救う会」の西岡力副会長によると、斎木審議官は「拉致と安全保障の問題の解決なしに国交正常化交渉に入ることはない」と強調したという。

しかし、家族連絡会事務局長の増元照明さん(50)は「日本がそういう提案をしたこと自体、納得できない」と、政府の姿勢を批判した。また、同会代表の横田滋さん(72)も「斎木さんから『信用してほしい』と再三言われたが…」と、今後の協議の行方に不安を示した。《読売新聞》

【皇室典範に関する有識者会議】皇位継承「長子優先」案で調整

小泉首相の私的諮問機関「皇室典範に関する有識者会議」(座長=吉川弘之・元東大学長)は7日、第15回の会合を開き、月内の報告書とりまとめに向けた議論を行った。残された最大の論点である皇位継承順位については、男女を問わず、出生順に継承順位が決まる「長子優先」案で調整することになった。

この日の会合では、吉川座長が女性・女系天皇の容認などを内容とする報告書の原案を示した。皇位継承順位をめぐっては、長子優先案と、女子の後に弟が生まれた場合、弟を優先する「兄弟姉妹間での男子優先」案の二つが検討された。

関係者によると、長子優先案について、「分かりやすく、順位が早く定まる」という長所を挙げる声が多かった。皇位継承資格を男系男子に限った現行制度とは大きくかけ離れることについても「おおかたの国民の理解は得られる」との意見が大勢だったという。

会合終了後、吉川座長は記者団に、「皇位継承順位について結論は出ていないが、(意見は)集約の方向に向かっている」と述べた。三笠宮寛仁さまが、自身が会長を務める福祉団体の会報で女性・女系天皇の容認に疑問を投げかけたことに関しては、「それによってどうということはない」と述べ、有識者会議の議論に影響しないとの考えを示した。

皇族の範囲に関しては、有識者会議は、女性皇族が結婚後に皇籍を離脱する現行制度を改め、結婚後も皇族にとどまり、宮家の創設を認める方向で調整している。

有識者会議は月内にもう一度、会合を開いて報告書をまとめ、小泉首相に提出する。首相は7日夕、記者団に、来年の通常国会に皇室典範の改正案を提出する方向で準備を進めていることを明らかにした。《共同通信》

【民主党・前原誠司代表】北海道・根室市を訪問

民主党の前原誠司代表は7日、北海道根室市を訪問し、北方領土問題をめぐり4島の元島民や地元首長らと意見交換した。ロシアのプーチン大統領が20日に来日するのを前に、得意の外交・安保分野で「前原カラー」を印象付けるのが狙い。各地の視察行脚の第一弾で、国会閉会中にはかすみがちな野党党首としての存在感を発揮したいとの思惑もある。《共同通信》

11月7日/のできごと

シェアする

フォローする