平成5962日目

2005/05/05

【英下院選挙】ブレア労働党勝利も議席大幅減

英国総選挙(下院、定数646、小選挙区制)が5日行われた。 即日開票の結果、ブレア首相率いる労働党は議席の過半数を上回り、同党史上初めて3期連続で政権を担うことになった。しかし議席数を大きく減らし、与野党の議席差は改選前の160から70~80前後に落ち込む見通しだ。イラク参戦での首相の対応への批判が影響した。前回(01年)、前々回(97年)総選挙時から党勢が後退したブレア政権3期目は、より厳しいかじ取りを迫られることになる。《毎日新聞》



【埼玉県警所沢署】偽の被害届で誤認逮捕

埼玉県警所沢署は5日、うその被害届けを信じ、会社員の男性(58)を強盗容疑で誤って逮捕してしまった、と発表した。同署は男性を釈放して謝罪するとともに、うその被害届をでっち上げ、実際は男性から財布を奪ってけがをさせたとして、同県所沢市内の無職の少女(18)と自称同県狭山市在住の無職の少年(同)を軽犯罪法違反(虚偽申告)や強盗傷害容疑で捜査している。

調べでは、少女は5日午前0時ごろ、所沢市東狭山ケ丘2の市道で、「自転車で通行中、男に襲われ、前かごから財布を奪われた」と近くの同署狭山ケ丘交番に駆け込んだ。署員2人が現場に駆けつけ、少女が説明した人相や着衣と一致する男性が歩いているのを見つけ、職務質問した。

男性はズボンのポケットから少女の財布を取り出し「拾った」と答えたうえ、その後、少女に確認したところ「間違いない」と話したたため、同日午前0時45分ごろ、男性を強盗容疑で緊急逮捕した。男性は同市内で酒を飲み、酔っていたという。

ところが、逮捕後の調べに対し、男性は容疑を否認し、少女と一緒にいた友人の少年にも説明を求めたところ「うその届け出をした」と認めた。このため、同日午後1時半、約13時間ぶりに男性を釈放した。

男性は「自転車が背中にぶつかり、財布をとられた」と話し、ひざに軽傷を負っているという。少女は現場近くで自分の財布を落としてしまい、男性から財布を奪ったことが判明してしまうことを恐れ、少年と共謀して事件をでっち上げたとみている。《毎日新聞》

【埼玉県富士見市】納税通知書に他人分混入

埼玉県富士見市は5日、住民に発送する「固定資産税・都市計画税納税通知書」の一部に、別の住民の納税通知書を混入させて発送したミスがあったと発表した。634通にミスがあったことが確認されており、市職員が各世帯を訪問して謝罪し、納税通知書の回収を進めている。

同市によると、納税通知書は2日から発送を始めた。4日午後2時ごろ、市民から「納税通知書に他人の情報が含まれている」との指摘があり、混入が発覚した。

納税通知書は8枚つづりの冊子で、市民の名前や所有する土地の住所、建物の床面積、建築年数などの個人情報が記されている。市では、市民個人ごとの情報が記されたシートを打ち出し、シートの裁断と製本、封筒詰めの作業を都内の業者に委託している。製本の際に、一部に他人の情報が混入したらしい。

高橋清市民部長は取材に対し、「業者に委託していたとはいえ、個人情報を守る立場として申し訳ない。二度と同様のミスがないようにしたい」と謝罪した。《読売新聞》



5月5日のできごと