平成5791日目

2004/11/15

【外務省・藪中三十二局長】日朝実務者協議内容を拉致被害者家族に説明

日朝実務者協議を終えた外務省の藪中三十二外務相アジア大洋州局長は15日午後、内閣府で拉致被害者家族会と会い、協議内容や持ち帰った物証について説明した。北朝鮮側は再調査の結果、安否不明の拉致被害者10人は当初調査と同じく「8人死亡、2人未入国」だったと表明。

横田めぐみさん=失踪当時(13)=のものとする遺骨や写真など多数の物証を渡す一方で、これまで示した死亡診断書に誤りがあったことを認めた。政府は遺骨鑑定や提供資料の分析を急ぎ、拉致問題解明に全力を挙げる。《共同通信》




【小泉純一郎首相】「納得できぬ点ある」

小泉首相は15日夜、今回の日朝実務協議結果について、「北朝鮮の努力の跡はうかがえるが、まだ日本側として納得できる内容でない点もある。再度、報告をよく検討し、もう一度精査する必要がある」と北朝鮮側の説明に不満を表明した。さらに「これで終わりとは考えていない」と強調した。

北朝鮮に対する経済制裁については「(慎重姿勢に)変わりはない。対話と圧力だ」と語った。《読売新聞》

【生稲晃子さん・川野太郎さん】乗車中のタクシーが事故、軽いけが

俳優、川野太郎さん(44)と女優、生稲晃子さん(36)が15日、山口県内で行っていたテレビ番組の収録の帰りに交通事故にあい、軽傷を負った。

山口署によると、2人はジャンボタクシーに7人で乗車。同日午後3時15分ごろ、山口市吉敷の国道9号交差点で、右折してきた広島市の無職男性(77)の乗用車と衝突。川野や生稲ら6人と、乗用車の男性の妻(72)は近くの病院に運ばれたが、いずれも軽傷という。同署はタクシーの男性運転手(53)と無職男性から事情を聴いている。

川野さんらは関西テレビの旅情報番組「走れ!ガリバーくん」の撮影のため14日から同県内に滞在。15日は、大阪と東京に帰るため新山口駅と山口宇部空港に向かう途中だったという。《サンスポ》

11月15日/のできごと