平成5773日目

2004/10/28

【イラク邦人人質事件】打つ手なく「期限切れ」

イラク日本人人質事件で日本政府は28日、Kさん(24)=福岡県直方市出身=の殺害を警告した陸上自衛隊の撤退期限とした同日夜を前に、イラク暫定政府高官らと対応策を協議、解放に向けた糸口を探った。しかし交渉の仲介を要請した有力イスラム聖職者組織は協力を拒否・犯人側との交渉に向け打つ手がないまま、事件は重大局面を迎えた。

小泉純一郎首相は記者団に「まだ(拘束)場所などは分かっていない」と述べた。政府は米軍などによる救出作戦も視野に、Kさんの所在確認に引き続き全力を注ぐ。《共同通信》




【島田紳助さん】暴力問題で謝罪会見

所属する吉本興業(大阪市)の女性社員(40)を殴り大けがを負わせたとして、傷害容疑で被害届を出されていた人気タレントの島田紳助さん(48)が28日、都内で記者会見し、殴った事実を認めた上で「100パーセント僕が悪い。本当にすみませんでした」と時折涙を流しながら謝罪した。《福井新聞》

【明大・一場靖弘投手】「できればプロでプレーしたい」

プロ野球スカウトからの現金授受が発覚して日本学生野球憲章違反となり、巨人、横浜、阪神の各球団オーナーが辞任する異常事態に発展した明大の一場靖弘投手は28日、東京都内で記者会見し「ルールを破り恥ずかしい。自分の不注意でご迷惑をかけ申し訳ありません」と謝罪した。今後について「生きがいである野球を奪われるのも覚悟の上。自分から言える立場ではないが、できれば日本のプロでプレーしたい」と悲壮感を漂わせながら深々と頭を下げた。

米大リーグ入りには「罪を償わない限り、考えるべきではない」と否定した。一場投手によると、横浜からは昨年12月から今年5月まで60万円、阪神からは今年1月から3月までに25万円を食事代、タクシー代として受け取ったと言う。近々、全額を返還する予定。一場投手は東京六大学野球で通算26勝した、プロ注目の速球派右腕。既に明大野球部を退部しており、今秋のリーグは出場できなかった。《福井新聞》

10月28日/のできごと