平成5542日目

2004/03/11

【スペイン・マドリード列車爆破テロ事件】

Embed from Getty Images

スペインの首都マドリードで11日朝(日本時間同日午後)、三つの駅の近くで通勤列車を狙った爆弾テロがほぼ同時に起きた。AFP通信などが当局者の話として伝えたところによると、少なくとも186人が死亡、1000人以上が負傷し、スペインでは過去最大級のテロとなった。犯行声明は出ていないが、スペイン政府は、バスク地方の独立を求める非合法組織「バスク祖国と自由」(ETA)による同時爆破テロと見て捜査している。

一方、ETAの政治部門とされるバタスナ党はETAの関与を否定している。地元テレビなどによると、最も被害が大きかった爆発は午前7時半過ぎ、マドリード市中心部のアトーチャ駅付近で同駅に向かっていた列車で起きた。プラド美術館にも近い同駅付近は逃げまどう人々などで一時パニック状態となった。 この爆発と前後して、同市郊外のエルポソ駅、サンタエウヘニア駅付近でも通勤列車が爆発した。三つの駅は同じ路線上にある。

アセベス内相によると、計13個の爆弾が列車や駅付近に仕掛けられ、うち10個が4、5分間隔で次々に爆発した。残りの3個は当局が発見し、爆破処理したという。報道によると、爆発物はダイナマイトを基に製造された爆弾で、ETAがこれまでテロに使ってきた爆発物と同種類のものだったという。爆弾はそれぞれリュックサックに入れられ、列車の車両などに置き去られていた。《読売新聞》

広告




【三菱ふそう】タイヤ脱落の欠陥認める

三菱自動車製の大型車でタイヤと車軸をつなぐ部品「ハブ」の破断によるタイヤ脱落が相次いだ問題で、三菱自動車から分社化された三菱ふそうトラック・バス(東京)は11日、ハブに欠陥があったとして、リコール(無料の回収・修理)を行うと発表した。近く国土交通省に届け出る。

同社によると、既に自主回収で部品を無償交換した7万4000台余りのほかに、約4万5000台がリコール対象になる。 横浜市で2002年、脱落したタイヤの直撃を受け母子が死傷する事故が発生し、同様の脱落も多数判明。会社側はこれまで「脱落はユーザー側の整備不良が原因」と説明し、自主回収で対応してきたが、今回のリコールで構造的な欠陥を認めた形になった。

神奈川県警は、横浜市の事故について業務上過失致死傷容疑で三菱ふそうなどを家宅捜索。当時の幹部らが安全対策を放置した疑いがあるとみて、立件に向け詰めの捜査を進めている。国交省で記者会見した三菱ふそうトラック・バスのヴィルフリート・ポート社長は、リコールが必要と判断したのは先週末で、02年には(リコールが必要との)知見はなかったと述べた。《共同通信》

3月11日/のできごと