2003 平成15年11月5日(水)のできごと(何の日)

平成5415日目

2003/11/05

【社民党・土井たか子党首】政権交代可能なら民主と連立

社民党の土井たか子党首は5日、広島市内で記者会見し、総選挙で政権交代の可能性が生じた場合は民主党を中心とする連立政権に参加する考えを明言した

土井氏は「小泉政権を倒せるかどうかの瀬戸際に来ている。民主党との政権の在り方についてもはっきりさせないといけない」と指摘し「社民党としては民主党と連立を組んで(政権に)参加します」と表明した。《共同通信》




【JR東海バス】東名で300メートル「逆走」

静岡県吉田町の東名高速道路吉田インターチェンジ(IC)付近で5日、JR東海バス(名古屋市)の名古屋発東京行き高速バス=男性運転手(29)=が、バス停のあるICを誤って通過した後、加速車線や進入路をバックで約300メートル逆走してICに入り、客を乗り降りさせていたことが6日、分かった。

運転手は会社に報告せず、会社は5日夜、外部から問い合わせがあるまで事実関係をつかんでいなかった。

国土交通省中部運輸局は、重大な事故につながる恐れがあったとして、道路運送法違反の疑いで、同社名古屋支店を近く監査する。静岡県警も道交法の一方通行規制に違反したとして、裏付け捜査を進め、運転手に反則切符を切る方針。運転手は「遅れを取り戻すのに気を取られて停車を忘れた。バス停通過の社内処分が怖くてバックで戻った」などと話しているという。

同社によると、東名吉田バス停は吉田ICの料金所近くにあるが、運転手は5日午後4時15分ごろ、乗客約20人を乗せて吉田ICをうっかり通過した。約100メートル先でミスに気づき、ICから本線へ合流する加速車線にいったんバスを止め、加速車線と進入路をバックで逆走、バス停の約220メートル手前でバスを止め、客1人ずつを乗り降りさせた。

事件当時、ICから本線に入ろうとする車約20台がバックしてくるバスに気付き、次々とクラクションを鳴らしたという。《共同通信》

【ダイエー・村松有人外野手】FA宣言

日本シリーズで優勝したダイエーの村松有人外野手(30)は5日、今季取得したフリーエージェント(FA)の権利行使を正式に表明した。福岡ドーム内の球団事務所でFA宣言の手続きを取り「最初で最後のチャンス。とにかく他球団の評価を聞いてみたい」と話した。

中内オーナーは「手を挙げたから慰留に務めないというわけではない。ぜひ残ってもらいたい」と話し、今後は残留交渉に全力を尽くす姿勢を示した。《共同通信》

【阪神・下柳剛投手】FA宣言

今季フリーエージェント(FA)権を獲得した阪神の下柳剛投手(35)は5日、甲子園球場内の球団事務所で竹田邦夫球団常務、黒田正宏編成部長と交渉し、その場でFA宣言の手続きを取った。交渉の中で金銭面を含む条件提示はなかった。

約20分の話し合いを終えた下柳は「FA宣言しますと伝えた。いろんな球団の評価を聞いてみたい」と話した。今後は代理人を通じ、阪神を含む獲得意思のある球団と交渉に臨む。《共同通信》

11月5日/のできごと

シェアする

フォローする