平成5373日目

2003/09/24

【民主党、自由党】合併合意書に調印

民主党の菅直人代表、自由党の小沢一郎党首は24日夕、東京都内のホテルで「合併協議書」に署名、国会議員204人が参加し新しい民主党が発足した。


https://www.dpfp.or.jp/

野党第1党としては94年の旧新進党の発足時に匹敵する規模。政権交代と本格的な2大政党制の実現を掲げ、「菅・小沢」の二枚看板で小泉政権と11月衆院選を戦う。菅氏は署名後、選挙の勝敗ラインについて「政権交代ただ一つだ」と表明し、背水の陣で臨む決意を示した。

合併大会を来月5日、東京都内のホテルで開催し、「マニフェスト」(政権公約)の追加分と併せて、脱官僚政治の実現を柱とする政権構想を発表する。野党が政権の具体的な姿を示して自民党と対決する、事実上初のケースとなる。

菅氏は合併署名式に臨み「次期総選挙で政権交代を果たす大きな条件が整った。2大政党、政権交代のきっかけを作ったと言われる歴史に残る合併としたい」と強調。小沢氏は「八方ふさがりの自民党政治が続けば日本は崩壊しかねない。民主党は次期衆院選で十分勝利できる可能性がある」と語った。

署名を受けて民主党は「存続政党届」、自由党は「解散党届」を26日、政党助成法に基づき総務省に提出し、自由党は解党し民主党に吸収される。所属国会議員計204人の内訳は復党した鹿野道彦氏を含め衆院137人(民主党115人、自由党22人)、参院は民主党籍のある本岡昭次副議長を合わせ67人(民主党59人、自由党8人)。94年12月の旧新進党発足時の214人に迫る規模となった。《毎日新聞》




昭和64年1月1日〜このサイトをご覧頂いている日の一週間前まで、すべての日の「何らかの」できごとを記しています。

情報量が少ない日は随時加筆中です。

引用記事は名前、住所など一部修正の上、抜粋してあります。また、画像は基本的にイメージです。

古い記事の多くは「書き写し」のため、誤字脱字が多数あります。見つけ次第修正していますがあらかじめご了承ください。

このサイトについて

【福岡一家殺害事件】拘束の2人、犯行認める

福岡市の衣料品販売業Mさん(41)一家4人殺害事件で、中国公安省は24日、事件直後に帰国し潜伏していた、いずれも中国吉林省長春市出身の元留学生、A容疑者(21)と元私立大生B容疑者(23)を既に強盗殺人容疑で拘束、両容疑者が4人の殺害を認める供述をしたと発表した。

福岡県警東署捜査本部は、警察庁の係官を含む捜査員数人を、28日に現地派遣する方針。《共同通信》

【小泉再改造内閣】始動

小泉再改造内閣は24日、新旧閣僚の引き継ぎを行うなど本格始動した。小泉純一郎首相は副大臣人事を決定したほか、総入れ替えとなった官房副長官3人と臨時国会の打ち合わせをするなど「改革推進内閣」の第一歩を踏み出した。

首相は同日昼、首相官邸で新内閣を「改革推進、新世代育成内閣」と強調。各種世論調査の高支持率に自信を深めたのか「選挙目当て内閣」の声も「批判はいつも受けてますから」と笑顔で受け流す余裕。竹中平蔵金融・経済財政担当相は、内閣府職員に対し「やり残した仕事がたくさんある」と、従来の改革路線を加速させる考えを強調した。《共同通信》

【この日の民主党】

アフガニスタンの現状を考える集いを開催

民主党男女共同参画委員会は24日、民主党「アフガニスタン女性支援会議」継続事業の一環として、東京都内でアフガニスタンの現状を考える集いを開催。「果たしてアフガニスタンは順調に復興しているのか」をテーマに、ドキュメント上映やNGOの現地報告などを行った。

集いでは、まずアフガニスタン人監督が復興の現状と課題を訴える映画を制作する過程を追ったドキュメントフィルムを上映。続いて、国際ボランティアセンター(JVC)の谷山博史、ジェン(JEN)の田沢茂之、難民を助ける会(AAR)の堀江良彰の3氏が、それぞれ現地での活動の状況について報告した。

報告では、西洋的な価値観による支援がイスラム社会では人々の反発を引き起こすケースもあること、女性の教育・解放が遅々として進んでいないこと、外国NGOをターゲットにしたいやがらせや攻撃が頻発していること、などが紹介された。

民主党からは神本美恵子男女共同参画委員会副委員長と榛葉賀津也参議院議員が参加。党としてさらに現地NGOの支援活動などに力を入れていくことを表明した。

[常任幹事会]自由党との選挙区調整を完了

民主党は24日午前、第265回常任幹事会を開き、自由党との間での衆議院候補者調整が前日決着した茨城6区、神奈川7区、埼玉15区、京都4区を含め、新たに公認2人、推薦5人の予定候補者を決定した。これまでに、公認204人、推薦45人が決まり、地方組織レベルでの支持・協力を含めると合計256選挙区で調整がついた。

自由党との合併協議書調印式は24日午後4時30分から菅代表と小沢党首が行い、26日朝に正式に合併を届け出ることを確認した。これに先立ち、両党合同の両院議員総会を25日午後4時から民主党本部ホールで開催する。

また、昨年2月に離党した鹿野道彦・元副代表が合併と同時に復党することを了承した。

民主党・自由党合併調印式が行われる

民主党と自由党の合併調印式が24日、東京都内のホテルで行われた。民主党からは、菅直人代表、岡田克也幹事長ほか役員8人、自由党からは小沢一郎党首、藤井裕久幹事長ほか役員3人が出席した。

調印に先立つ挨拶で菅代表は、「身を捨てて自民党に代わる新たな政権の受け皿をつくろうという高い志の中で合併を受け入れていただいた自由党の皆さんにお礼を言いたい」とし、「二大政党制に向け政権交代のきっかけをつくったとして将来歴史に残る合併にしたい」と決意を語った。

続いて小沢党首は、「5年5カ月の自由党の歴史が幕を閉じることになり、いろいろな思いがこみ上げてくる」と感慨を語りながらも、「国民の皆さんに、自民党に代わって政権を担ってもらっていいんじゃないか、と思ってもらえる健全な野党をつくりたい」と力強く述べた。

この後、両党幹事長から合併準備委員会における協議の報告を受け、菅代表、小沢党首が合併協議書に署名した。

これによって両党は26日に正式合併し、所属国会議員204人(衆議院議員137人、参議院議員67人)の新しい政党としてスタートすることとなった。

また菅代表は、調印式後に行われた記者会見で合併の歴史的意義に触れ、「細川政権が短命で終わって以降、10年間かけて日本の大改革をやる力を蓄えた。総選挙で勝利して政権交代を実現し、細川政権ができなかった政治改革、行政改革、分権改革を実現したい」と述べた。《民主党ニュース》



9月24日 その日のできごと(何の日)