平成5261日目

2003/06/04

【大阪地裁】HPにB型肝炎患者の実名

大阪地裁のホームページ(HP)で紹介されている「主要判決速報」に、死亡したB型肝炎患者の遺族(原告)の一部が実名で掲載されていることが分かり、同地裁は4日午前、判決文を全文削除した。仮名に修正したうえで近く再掲載する。地裁は「致命的なミスではない」と釈明しているが、プライバシーに対する感覚が問われそうだ。

大阪市立の医療機関で96年に死亡した50代男性の妻と子供3人が「死因は医療ミス」と約7000万円の損害賠償を求めた訴訟で、同地裁は今年4月25日、化学療法を行う際の説明義務違反を認め、同市に330万円の支払いを命じた。

判決文は同30日にHPに掲載され、主文は、妻が原告A、子供はB、C、Dとなっていたが、請求の項で「原告C」「原告D」と記載するべき子供2人の実名が出た。通常、HPに載せる判決文は担当部が関係者を仮名にし、広報担当者もチェックするが、両者とも見落としたらしい。

同地裁は昨年3月ごろから主要な判決全文をHPで紹介しているが、こうしたトラブルは初めてという。同地裁総務課は「判決は公開法廷で言い渡され、手続きすれば記録を見ることもできるが、誰でも見られるHPに載ってしまったのはまずかった」と話している。《毎日新聞》




昭和64年1月1日〜このサイトをご覧頂いている日の一週間前まで、すべての日の「何らかの」できごとを記しています。

情報量が少ない日は随時加筆中です。

引用記事は名前、住所など一部修正の上、抜粋してあります。

外国の方のお名前、地名などは現時点で一般的に通じるものに書き換えています。(例・ロシアのプーチン氏はかつてプチン氏と表記されていました)

古い記事の多くは「書き写し」のため、誤字脱字が多数あります。見つけ次第修正しています。

このサイトについて

【イスラエル・パレスチナ】2国家共存を宣言

パレスチナ和平実現に向け、米国のブッシュ大統領と紛争当事者であるイスラエルのシャロン首相、パレスチナ自治政府のアッバス首相との3者会談が4日、ヨルダン南部の保養地アカバで行われ、3首脳は終了後の声明で「パレスチナとイスラエルの2つの国家の平和的共存」を実現させる決意を宣言した。《共同通信》

【この日の民主党】

[次の内閣]予定利率引下げを可能にする保険業法改正案には反対

民主党『次の内閣』(ネクストキャビネット)は4日、閣議を行い、「主要食糧の需給及び価格の安定に関する法律等の一部を改正する法律案」(閣法)について協議を行った。その結果、政府案は農業者の自由な生産を確保するには不十分であるため反対し、対案を提出することが了承された。

また、予定利率引下げを可能にする「保険業法の一部を改正する法律案」(閣法)について法案審査を行い、すべての負担を国民に押し付け、生保に基金・劣後ローンを拠出している銀行を救済するためのものであるという観点から反対の姿勢をとることで了承された。また、以下の法案についても賛否の審査を行った。

○「平成13年度の一般会計歳入歳出決算、特別会計歳入歳出決算、国税収納金整理資金受払計算書及び政府関係機関決算書に関する議決案」(衆院決算行政監視委員長提出) → 機密費流用問題、不良債権問題等多くの問題があり、反対
○「平成13年度の一般会計歳入歳出決算、特別会計歳入歳出決算、国税収納金整理資金受払計算書及び政府関係機関決算書」(政府提出) → 同議決案に加え、不十分な雇用対策などの問題があり、反対
○「平成13年度国有財産増減および現在額総計算書」、「平成13年度国有財産無償貸付状況総計算書」(政府提出) → 賛成
○「平成13年度決算についての内閣に対する警告決議案」(参院決算委員長提出) → 賛成の方向
○「公益法人に係る改革を推進するための国土交通省関係法律の整備に関する法律案」(政府提出) → 賛成
○「地方独立行政法人法案」及び「地方独立行政法人法の施行に伴う関係法律の整備に関する法律案」(政府提出) → 反対

さらに閣議では、飯尾潤・政策研究大学院大学教授を迎え、マニフェストについての閣僚勉強会を行った。国民が政策で政権選択できるようにするために何が必要かをめぐって、熱心な議論が交わされた。

枝野幸男政調会長は、閣議終了後の定例記者会見で小泉構造改革の現状について触れ、「大きな2つの柱が崩れていると受け止めている。一つは道路公団改革、もう一つは分権改革である。分権改革では、われわれは地方に対する一括交付金制度を常に提言している。霞ヶ関丸投げのやり方よりはるかに分権改革が進む」と語った。

さらに枝野政調会長は、民主党の要求が大幅に採り入れられた「労働基準法改正案」の修正協議について、「政策的な議論を踏まえた上でしっかりとした対案や修正案をぶつけ、国民の皆さんに見える所で協議していくことで、良い結果が生まれていく」と感想を述べた。《民主党ニュース》



6月4日 その日のできごと(何の日)