平成5191日目

2003/03/26

【イラク戦争】誤爆で一般市民十数人死亡

Embed from Getty Images

イラクの首都バグダッドで26日午後、米英軍の空幕により住宅地区が大きな被害を受け、目撃者によると、一般市民十数人が死亡、30人が負傷した。誤爆とみられるが、イラク戦争でこれだけの規模の民間人犠牲者が一度に出たのは開戦後初めて。反戦の国際世論が盛り上がるのは必至で、民間人の被害を最小限に抑えるとしてきた米英両国にとって、大きな痛手となった。

イラク情報省などによると、巡航ミサイル2発がバグダッド北部の住宅商業地区に撃ち込まれた。米中央軍は誤爆を裏付ける情報はないとして確認していない。

一方、米英軍は26日までに、バスラなどでゲリラ戦による根強い抵抗を続けるイラク軍を排除する方針を決めた。首都攻防を控えた最前線部隊の補給線確保などに不安があるため、南部制圧に重点を置く必要が生じた。

米英軍の進撃のペースはイラク軍の抵抗や砂嵐の影響で落ちており、当初想定された早期の首都攻略は困難な情勢となった。《共同通信》

広告




【小泉純一郎首相】シンガポール首相と会談

小泉純一郎首相は26日夜、シンガポールのゴー・チョクトン首相と首相官邸で夕食を共にしながら会談し、米英などのイラク攻撃支持を確認、戦後の復興は国際社会が一体となって当たるべきだとの認識で一致した。

シンガポールは米国の支持国リストに含まれており、ゴー首相は「国際社会は大量破壊兵器問題に12年間、努力してきた。武力行使はやむを得ない」と指摘。小泉首相は「日本も戦争を好んではいないが、ここに至ってはやむを得ない」と同意した。《福井新聞》

3月26日/のできごと