平成5092日目

2002/12/17

【民主党・菅直人代表】政権交代目指す

民主党の菅直人代表は17日午後、新体制となって初めての常任幹事会であいさつし「年が明ければ正念場の2003年だ。統一地方選に、ほぼ間違いない衆院選、次の年には参院選を控えている。03年に政権交代を実現する目標に向かって一丸となって頑張りたい」と述べ、来年中の政権交代を目指す考えを強調した。


https://www.dpfp.or.jp/

世論調査で小泉内閣の支持率が下落していることについて「(小泉純一郎首相に)スローガンはあったが、何も国民生活にプラスになっていないことを国民が冷静に見た結果だ」と指摘した。《共同通信》




昭和64年1月1日〜このサイトをご覧頂いている日の一週間前まで、すべての日の「何らかの」できごとを記しています。

情報量が少ない日は随時加筆中です。

引用記事は名前、住所など一部修正の上、抜粋してあります。

外国の方のお名前、地名などは現時点で一般的に通じるものに書き換えています。(例・ロシアのプーチン氏はかつてプチン氏と表記されていました)

古い記事の多くは「書き写し」のため、誤字脱字が多数あります。見つけ次第修正しています。

このサイトについて

【小泉純一郎首相】若手議員と懇談

「私はまったく解散を考えていない。だが常在戦場。用意は怠らないように」小泉純一郎首相は17日昼、20人を超す当選1回の自民党衆院議員と食事をしながら懇談し、衆院の早期解散を否定しながらも選挙に向けた心構えを伝授した。出席議員の一人は「やっぱり解散風が吹くかな」と苦笑いしていた。

懇談は「党をないがしろにしている」と批判が絶えない首相が、党内の意思疎通を図る目的で行われた。永田町に広がっている早期解散説を打ち消し、若手の不安を拭い去る狙いもあったが、かえって憶測を呼ぶ結果にもなりそうだ。《共同通信》

【 FIFA年間最優秀選手】ロナウド選手、3度目の受賞

Embed from Getty Images

国際サッカー連盟(FIFA)は17日、ことしの年間最優秀選手にブラジル代表FWのロナウドを大差で選出し、マドリードで表彰した。ロナウドは1996、97年に続き、同賞が制定されて以降、初めてとなる3度目の受賞となった。

ロナウドはブラジルを優勝に導いたワールドカップ(W杯)で8得点を挙げ、得点王になった活躍などが評価された。《共同通信》

【この日の民主党】

常任幹事会、山村議員は「『除籍』処分相当」

民主党は17日、菅新執行部になって初めての第227回常任幹事会を開き、年末年始の党日程、ネクストキャビネットの新閣僚や選挙対策委員会委員などの党役員人事を了承した。

3日の両院議員総会の場で離党の意向を表明し、その後執行部の説得にもかかわらず一方的に記者会見を開き正式に離党表明を行った山村健衆議院議員については、その離党表明をめぐる一連の言動が党規約第25条及び党倫理規則第2条に違反する行為にあたるとし、党規約・倫理規則の規定に基づき「除籍」処分とすることが相当であるとして、処分の適否を倫理委員会に諮ることを決めた。

この処分をめぐっては、常任幹事会のなかでも、「山村議員が10月の補欠選挙で誰よりも一所懸命に遊説などに取り組んできたことを考慮すれば、『除籍』処分は重すぎるのではないか」という意見も出された。その半面、同議員が比例区選出であることから、離党は有権者への裏切り行為であるとする見方も根強く、これらの様々な議論があったことを倫理委員会に届けることを条件に、処分の諮問を全会一致で決定したもの。

衆院候補研修会で話し方講義

民主党の衆議院選挙予定候補者研修会で17日、元アナウンサーの今野東衆議院議員による話し方の講義が開かれた。

研修会の2日目のプログラムとして行われた話し方講義では、今野議員が発声練習や相手に伝わるスピーチのしかた、敬語の使い方などを実技を交えて指導。参加した予定候補者たちは、自らの選挙運動に活かそうと真剣に聞き入っていた。

枝野政調会長、NC閣僚を発表

民主党の政策調査会長に就任した枝野幸男衆院議員は17日、党本部で初めての記者会見を行い、「積み重ねてきた政策を、いかにクリアに分かりやすく伝えるかが私の課題」と所信を語るとともに、新しいネクストキャビネットの閣僚名簿を発表した。

枝野政調会長は、これまでも政策調査会副会長、会長代理を務めてきた立場から、「積み上げてきた政策議論の中身は、政府与党に負けないしっかりしたものだという強い自負を持っている」としながらも、「議論のプロセスの話が残ったり、内容が正確に分かりやすく伝わらなかったりしたことが、“分かりにくい”とか“バラバラだ”といった印象を与えた面があることは反省すべきだ」と指摘。「国民の皆さんに、いかに政策をクリアに分かりやすく伝えるかが私にとっての課題だ」と語った。

続いて政調会長は、ネクストキャビネットの閣僚名簿を発表。「次の総選挙後にそのまま実際の内閣に横滑りできる布陣だ」と自信を示すとともに、小泉内閣の経済諮問会議に対応する経済戦略会議座長や総合雇用政策特命大臣を任命するなど、特に経済政策に力を入れていることを明らかにした。

[ネクストキャビネット閣僚名簿]

総理大臣 菅直人
国務大臣 岡田克也
官房長官 枝野幸男
行政改革兼官房副長官 中川正春
経済財政大臣・経済戦略会議座長 仙谷由人
総合雇用政策特命大臣 城島正光
内閣・警察・防災・沖縄北方担当大臣 大畠章宏
男女共同参画・人権・消費者・子ども政策担当大臣 石毛えい子
総務大臣 玄葉光一郎
法務大臣 千葉景子
外務大臣 伊藤英成
安全保障大臣 前原誠司
財務大臣 峰崎直樹
金融担当大臣 五十嵐文彦
文部科学大臣 牧野聖修
厚生労働大臣 五島正規
農林水産大臣 筒井信隆
経済産業大臣 小沢鋭仁
国土交通大臣 佐藤謙一郎
環境大臣 小林守   《民主党ニュース》



12月17日 その日のできごと(何の日)