2002 平成14年12月18日(水)

平成5093日目

平成14年12月18日(水)

2002/12/18

【北朝鮮拉致事件】帰国した5人が新潟で再会

小浜市の地村保志さん、富貴恵さん夫妻=ともに(47)=ら朝鮮民主主義人民共和国(北朝鮮)による拉致被害者5人が18日、10月15日の帰国以来2カ月ぶりに、新潟市で再会した。市内のホテルで懇談した5人は「北朝鮮に戻さないという政府方針が決まる前に、全員が自らの意思で戻らないと決心していた」と、19日の記者会見で表明することを確認し合った。

地村さん夫妻は午前6時半、マイクロバスで自宅を出発。約120人の報道陣や一般市民が待ち受ける中、午後2時に懇談会場のホテルに入った。携帯電話で連絡を取り合い、蓮池薫さん(45)、祐木子さん(46)夫妻が乗る車と北陸自動車道で合流。2組の夫婦は同時に到着した。

地村さん夫妻は長旅の疲れも見せず明るい表情。市民から励ましの声がかかると富貴恵さんは「楽しみです」と笑顔で答えていた。一足先に会場入りした曽我ひとみさん(43)とともに、午後3時半から懇談。途中から中山恭子内閣官房参与が加わった。5人は気候や言葉の違い、曽我さんの引っ越し、新潟市までの交通手段などを話題に和やかに談笑した。

保志さんは「(雪がだんだん多くなるので)こちらに来ながらびっくりした」、富貴恵さんは「7時間ぐらいかかったけど、楽しく来ました。疲れませんでした」と話した。小熊博拉致被害者・家族支援室長が「地村さんが運転してくるかと思いました」というと、笑い声が上がる場面もあった。

懇談の公開は冒頭だけだったが、家族連絡会事務局長で薫さんの兄蓮池透さん(47)によると、翌日の会見内容は5人だけで相談。「自分たちの言動が子供たちに悪影響を及ぼすことを心配しているが、今のこう着状態を打開するために政府を信用。北に戻らないのは、自らの意思だと表明することを決めたのでは」と述べた。《福井新聞》

【小泉純一郎首相】外務省一丸で日朝交渉打開を

小泉純一郎首相は18日夕、外務省の竹内行夫事務次官、田中均アジア大洋州局長を首相官邸に呼び、拉致問題をめぐりこう着状態に陥っている北朝鮮との国交正常化交渉について「よく情報を分析して外務省が一丸となって北朝鮮問題に当たってほしい」と、打開に向け全力を挙げるよう指示した。《共同通信》

12月18日のできごと