平成5087日目

2002/12/12

【今年の漢字】「帰」

2002年の世相を最も象徴する「今年の漢字」に「帰」が決まり、日本漢字能力検定協会(京都市)が12日、京都市東山区の清水寺で発表した。

「帰」は朝鮮民主主義人民共和国(北朝鮮)に拉致された5人が24年ぶりに帰国したニュースを反映。2位は「北」、3位は「拉」で北朝鮮関係の字が上位を独占し、関心の高さを示した。《共同通信》



【福井県警】京福電鉄前社長ら5人を書類送検

京福電鉄越前本線で起きた2度の正面衝突事故で県警捜査一課と松岡、勝山両署の捜査本部は12日、業務上過失致死傷などの疑いで大阪市平野区、前社長、A容疑者(62)ら同社の計5人を書類送検した。1度目の事故発生から2年ぶりに、県警の会社側に対する刑事責任追求が決着をみた。

国土交通省によると、列車事故で鉄道会社の社長が書類送検されるのは私鉄では初めて。JRを含めても、資料のない旧国鉄時代を除けば初めてという。《福井新聞》

【総合規制改革会議】19事業に民間参入

政府の総合規制改革会議(宮内義彦議長)は12日、水道や刑務所など19の公共サービス事業への民間参入推進を柱とする規制緩和の第二次答申を決定、小泉純一郎首相に提出した。

企業競争活性化に向け公正取引委員会の人員、権限を強化し、農業分野を独占する農協の信用・共済事業の分社化も検討。医薬品の一般小売店での販売拡大など、生活関連も含め350項目に上る幅広い内容となった。《共同通信》

【この日の民主党】

[NC]ALS患者の参政権確保に向けPTを設置 2002/12/12

民主党ネクストキャビネットはこのほど、ALS(筋萎縮性側索硬化症)患者の参政権を確保するためのプロジェクトチーム(座長:谷博之参議院議員)を発足させた。

ALS患者の選挙権をめぐっては、郵便投票の代筆が認められていないために投票できなかったのは選挙権の侵害だとして国家賠償を求めていた訴訟の判決が、11月28日に東京地裁であり、原告の請求は退けられたものの、「選挙権を行使できる投票制度が設けられていなかったことは違憲状態」とする判断が示された。民主党のPTは、こうした違憲状態を解消するために必要な措置を検討するもの。2003年3月末の最終報告をめざす。

北朝鮮の核施設稼動の再開発表について(談話) 2002/12/12

民主党ネクストキャビネット
外務・安全保障大臣 伊藤英成

本日、北朝鮮は、米朝枠組み合意の前提となっていた核凍結を解除し、核関連施設の稼動と建設を即時再開することを言明した。

北朝鮮が、今回の核関連施設の稼動と建設再開を言明したことやイエメンへのミサイル輸出は、先の日朝平壌宣言の趣旨を正面から踏みにじるものであり、北朝鮮に対し、断固抗議する。このような事態になった小泉政権の責任は重大である。

日朝国交正常化交渉の再開には、今後、北朝鮮が、拉致事件や安全保障上の問題解決に向け、具体的かつ誠実な行動を実行に移すかどうかを慎重に見極める必要がある。以上《民主党ニュース》



12月12日のできごと