平成5042日目

2002/10/28

【曽我ひとみさん】早く夫と子供に会いたい

Embed from Getty Images

朝鮮民主主義人民共和国(北朝鮮)から古里に戻っている曽我ひとみさん(43)は28日午後、新潟市内で会見し、永住帰国についてあらためて「一日も早く、夫と子供に会って時間をかけて相談したい」と胸の内を語った。市内のホテルで約10分間、用意したメモを見ながら質問に答えた。

曽我さんは「夫と子供は私のことを心配してくれていると思う。どうか早く会わせてください」と北朝鮮にいる家族との早期再会を希望した。

横田めぐみさん=失踪当時(13)=に関しては「1978年8月19日に平壌の招待所で初めて会った。80年春に別れてからは一度も会うことはなかった。友達として生きていてくれればと心から願っています」と述べた。

78年8月12日に拉致された曽我さんは、一週間後に横田さんと会ったことになる。横田さんは曽我さんに「双子の弟がいてとてもかわいい。母は香水のにおいがして、とてもきれい」とも話していたという。《福井新聞》




【プロ野球・沢村賞】巨人・上原浩治投手、2度目の受賞

伝説の名投手、沢村栄治(巨人)の功績をたたえて、その年のプロ野球の最も優れた先発完投型投手に贈られる沢村賞の選考委員会が28日、東京都内のホテルで開かれ、巨人の上原浩治投手(27)が選ばれた。

上原投手は新人で20勝(4敗)を挙げた1999年以来、2度目の受賞。今季はセントラルリーグ最多の17勝(5敗)を挙げ、巨人のリーグ優勝に貢献した。《読売新聞》

【民主党・前田雄吉衆院議員】18歳少年に襲われる

28日午前8時15分ごろ、愛知県犬山市若の宮の名鉄小牧線楽田駅前の路上で、一人で演説をしていた民主党の前田雄吉衆院議員(42)=愛知6区=が、犬山市在住の無職の少年(18)に腹を殴られ、マイクを持っていた右手をねじられた。前田議員は腹や胸の打撲と右手首のねんざで2週間のけが。

少年は暴行の現行犯で犬山署員に逮捕された。調べに対し、少年は「自宅にいたら街頭演説の声がうるさいのでマイクを奪おうとした」と供述している。愛知県警は、少年は右翼団体とのつながりもなく、現場にも単独で来たとみている。《福井新聞》

【福田康夫官房長官】統一補選で5勝2敗「小泉改革に賛意」

福田康夫官房長官は28日午前の記者会見で、衆参統一補選で与党候補が5勝したことについて「構造改革を中心とする小泉改革に承認を与えた、賛成の意を示したということになる」と評価した。同時にいろいろな要素もある。われわれも安心しているわけではない。改革のよりよき方針を探りつつ、努力をしていく」と述べた。《福井新聞》

10月28日/のできごと