平成4964日目

2002/08/11

【USエアウェイズ】経営破たん

経営難に陥っている米国7位のUS航空は11日、米連邦破産法11条の適用をバージニア州の連邦破産裁判所に申請、経営破たんした。負債総額は78億3000万ドル(約9400億円)に上り、資産総額の78億1000万ドルを上回る債務超状態。

Embed from Getty Images

米航空各社は昨年9月11日の米中枢同時テロ後、乗客数の激減などで厳しい経営状態を強いられているが、テロ後の破たんはUS航空が初めて。乗客減に加えて、航空機のリース代など負担が重荷になっている各社への波及も懸念される。《共同通信》




昭和64年1月1日〜このサイトをご覧頂いている日の一週間前まで、すべての日の「何らかの」できごとを記しています。

情報量が少ない日は随時加筆中です。

引用記事は名前、住所など一部修正の上、抜粋してあります。また、画像は基本的にイメージです。

古い記事の多くは「書き写し」のため、誤字脱字が多数あります。見つけ次第修正していますがあらかじめご了承ください。

このサイトについて

【炭疽菌事件】研究者が関与を否定

昨年秋の炭疽菌事件に絡み、米連邦捜査局(FBI)から自宅の家宅捜索を受けた男性研究者が11日、初めて記者会見し、事件とは一切かかわりあいがないと述べ、疑惑を全面否定した。会見したのは、生物学の博士号を持ち、東部メリーランド州フォート・デトリックの米陸軍研究所で最近研究に携わった経験のあるスティーブン・ハットフィル氏(48)。同氏は会見で「私は炭疽菌を研究したことはない。事件については何も知らない」と語った。

ハットフィル氏は、FBIが捜査対象としている米国在住の科学者30人のうちの1人で、以前にも同事件に絡み、事情聴取を受けたことがある。また、同氏の弁護士はハットフィル氏がメディアの報道により生活が破壊されたとして、情報を漏らした捜査当局と米メディアを強く批判、近く訴訟を起こす方針を明らかにした。《共同通信》



8月11日 その日のできごと(何の日)