2001 平成13年9月16日(日)のできごと(何の日)

平成4635日目

2001/09/16

【ウサマ・ビンラーディン氏】テロ関与を全面否定

Embed from Getty Images

米同時多発テロの首謀者とされるイスラム原理主義指導者ウサマ・ビンラーディンは16日、声明を発表し、テロとの関連を全面的に否定した。声明は、アフガン・イスラム通信にファクスで届いた。声明でビンラーディンは「米国は私を公然と非難しているが、私は(テロを)やっていないと断言する」と述べた。《読売新聞》




【タリバン】徹底抗戦を表明

カブールからの報道によると、タリバンの最高指導者オマル師は16日付けの現地紙を通じ声明を発表。アフガン国内のイスラム教聖職者や神学者を招集し、今後の対応を巡る意見を聞く考えを明らかにした。同時に「想定される米国の攻撃に対し、イスラム法に照らした決断をし、アフガンという誇り高き国家を守らなければならない」と、国内に重ねて「徹底抗戦」を呼び掛けた。

タリバン政権のムタワキル外相は同日、米国のビンラディン氏引き渡し要求を改めて拒否。「われわれの立場に変化はない」と語るとともに、対米協力国には「復讐(ふくしゅう)」を辞さない考えであることを繰り返した。《日経新聞》

【小泉純一郎首相】対テロ協議を指示

小泉純一郎首相は16日夕、首相官邸に山崎拓自民党幹事長を呼び、米中枢同時テロへの対応を含む危機管理について与党3党で協議するよう指示した。山崎幹事長は3党の幹事長、政策責任者らをメンバーに、今週中に協議を始める考えを示した。《福井新聞》

シェアする

フォローする