平成4573日目

2001/07/16

【IOC】新会長にジャック・ロゲ氏

国際オリンピック委員会(IOC)の第112回総会は16日、フアン・アントニオ・サマランチ会長(80)の退任に伴う新会長選を実施し、ジャック・ロゲ理事(59)=ベルギー=が2回目の投票で他の4候補を破り当選した。任期は最初が8年で、再選が可能。

IOCの会長交代は21年ぶり。ベルギー出身の会長は第3代のアンリ・ド・ベレ・ラトゥール会長以来で、ロゲ氏は第8代会長となる。欧州出身者では7人目。

ロゲ氏は整形外科医。1989年から欧州オリンピック委員会(EOC)の会長を務め、IOCの活動ではシドニー五輪の調整委員長を務め、大会を成功に導いた。

同氏は、大都市でなくとも開催できるよう五輪の肥大化を抑制するほか、薬物問題への取り組み強化を進める、と強調している。

投票は過半数の票を獲得する者が出るまで、最下位を除いて繰り返す方式で行われ、サマランチ会長の支持を受けたロゲ氏は、1回目から大きくリードし、2回目に過半数を上回る59票を得た。《共同通信》

昭和64年1月1日〜このサイトをご覧頂いている日の一週間前まで、すべての日の「何らかの」できごとを記しています。

情報量が少ない日は随時加筆中です。

引用記事は名前、住所など一部修正の上、抜粋してあります。

外国の方のお名前、地名などは現時点で一般的に通じるものに書き換えています。(例・ロシアのプーチン氏はかつてプチン氏と表記されていました)

古い記事の多くは「書き写し」のため、誤字脱字が多数あります。見つけ次第修正しています。

このサイトについて

【大相撲名古屋場所】9日目

大相撲名古屋場所9日目(16日・愛知県体育館)大関魁皇が初黒星を喫し、全勝は横綱武蔵丸1人になった。魁皇は貴ノ浪に寄り倒された。武蔵丸は皇司を落ち着いて押し倒した。大関千代大海は肥後ノ海を押し出し、1敗を守って勝ち越したが、大関武双山は闘牙に引き落とされて2敗に後退した。大関雅山は小結朝青龍を突き落として4勝目。全勝の武蔵丸を追う1敗は魁皇、千代大海と、小結若の里、平幕の隆乃若、玉乃島の5人となった。《共同通信》

【警視庁】外務省課長補佐ら逮捕

沖縄サミットのハイヤー代を水増しして公金約2200万円をだまし取ったとして警視庁捜査二課は16日、詐欺の疑いで外務省経済局総務参事官室の課長補佐A容疑者(45)=さいたま市=と同室事務官B容疑者(38)=千葉県松戸市=の2人と、大手ハイヤー会社「日の丸リムジン」(東京)の幹部ら2人の計4人を逮捕した。

捜査二課は外務省経済局総務参事官室やA容疑者の自宅、日の丸リムジン本社など関係先十数ヶ所を家宅捜索。外務省の不祥事は機密費詐欺事件に続き、沖縄サミットを舞台にした新たな詐欺事件に発展した。《共同通信》

【小泉純一郎首相】風邪で日程取りやめ

小泉純一郎首相(自民党総裁)は16日午後、体調不良のため17日に予定されていた公明、保守両党との与党党首会談など、閣議とドミニカのチャールズ首相との会談を除く日程をキャンセルし、静養に充てることを決めた。発熱しているという。

小泉首相は、参院選の遊説で高知、徳島両県を回ったが、いつもの声をからした絶叫調の演説は鳴りを潜め、記者団とのやりとりも聞き取れないほど小さなガラガラ声、最後の会場は休息のために会場入りを遅らせたほどだった。

小泉首相は16日夜、党本部での民放ラジオ各社のインタビューで、体調を崩したことについて「(自分は)機械じゃない。日程を見てごらんよ」と述べ、過密な遊説日程が原因との考えを強調した。同時に「体調が悪いと気力までなえてくる。普段の体調管理が大事だと痛感している」と指摘した。

福田康夫官房長官は同日午後の記者会見で「猛暑の中で選挙運動をしている。過労で夏風邪ということだろう」と説明。主要国首脳会議(ジェノバ・サミット)を控え「静養させた方がいいという配慮で予定を変更している」と述べた。首相周辺によれば「首相は医者の診察は不要だと言っている」という。

首相は16日、高知県内を遊説中「声が出ない」と訴えた。その後、徳島に移動して遊説をそのまま続行したが、17日は与党党首会談に加え、自民党の首相経験者との懇談なども取りやめることにした。《共同通信》

【中国、ロシア】首脳会談

ロシアを公式訪問した中国の江沢民国家主席は16日、クレムリンでプーチン大統領と首脳会談を行い、1980年に失効した「中ソ友好同盟相互援助条約」に代わる新基本条約「中ロ善隣友好協力条約」と共同声明に調印した。

新条約は、両国のいずれかが有事に直面した場合、脅威排除のための協議を規定。軍事同盟ではないが、安保面での連携をうたい、「戦略的協調関係」はより強固で成熟した関係となった。

共同声明では、弾道弾迎撃ミサイル(ABM)制限条約体制維持の重要性を強調する形で米国のミサイル防衛構想に反対を表明。20日からの主要国首脳会議(ジェノバ・サミット)を前に、結束して米国のユニラテラリズム(一方的外交)を阻止する姿勢を一層鮮明にした。《共同通信》

【MLB】

米大リーグ、マリナーズのイチロー外野手は16日、シアトルのダイヤモンドバックス戦で5打数無安打に終わった。イチローの無安打は4試合、21打席連続で、オリックス時代の1999年5月の17打席連続の自己最長記録を更新した。

打率は3割3分3厘の3位で、首位アロマー(インディアンス)との差は2分2厘。イチローの内容は投ゴロ、ニゴロ、一ゴロ、空振り三振、捕飛だった。

左足太ももを痛めて故障者リストに入っていたメッツの新庄外野手はブルージェイズ戦で約1カ月ぶりに戦列復帰、3打数無安打だった。新庄の打率は2割7分6厘。

レッドソックスの大家投手はエクスポズ戦に先発し、5回0/3を4安打、3失点。ブルワーズの鈴木投手はロッキーズから移籍後初登板でホワイトソックス戦に先発し、5回1/3を4安打、4失点。エンゼルスの長谷川投手はパドレス戦に4番手で登板し、1回を無失点で抑え、いずれも勝敗はつかなかった。《共同通信》

【この日の民主党】

外務省のハイヤー代水増し詐欺事件について談話=伊藤ネクスト大臣

昨年夏の九州・沖縄サミットをめぐる外務省のハイヤー代水増し請求疑惑で、16日、外務省の課長補佐ら同省職員2人と、ハイヤー会社幹部が逮捕された。

民主党ネクストキャビネットの伊藤英成外交・安全保障ネクスト大臣は同日談話を発表し、「計画的、組織的に行われ、外務省が常態的に経費水増しによる裏金つくりを行っていたことは明白である。まさに許し難い行為である」と厳しく批判。今回の事件を個人の犯罪としないよう求め、「外務省全体のモラルが問われている」と指摘した。《民主党ニュース》



7月16日 その日のできごと(何の日)