平成4530日目

2001/06/03

【山梨県】富士山噴火に備え初訓練

山梨県は3日、富士山の噴火を想定した火山総合防災訓練を実施した。静岡県は5月に富士山の火山性地震を想定し防災情報伝達訓練をしたが、噴火に備えた訓練は初。

参加者は山梨県内の富士山周辺の10市町村のほか、観光団体、防災関係機関など計58団体、約1万5000人。河口湖町の町民グラウンドと体育館を主会場とする現地訓練には約3500人が参加。訓練は午前7時半、3日前から多発していた火山性地震の回数が増加したとして始まった。

気象庁が「緊急火山情報」を発表し、市町村は住民に避難勧告を発令。同8時45分、四合目の北側山腹付近から噴火し、溶岩流出や降灰による道路寸断、森林火災、土石流などが起きたとの想定だ。同9時半に設置された現地災害対策本部では、各市町村長らが被害状況などを報告。内閣官房、内閣府、消防庁の職員も情報伝達訓練などを行い、グラウンドでは地元中学生らが炊き出しや、救護活動を実施した。《共同通信》

昭和64年1月1日〜このサイトをご覧頂いている日の一週間前まで、すべての日の「何らかの」できごとを記しています。

情報量が少ない日は随時加筆中です。

引用記事は名前、住所など一部修正の上、抜粋してあります。

外国の方のお名前、地名などは現時点で一般的に通じるものに書き換えています。(例・ロシアのプーチン氏はかつてプチン氏と表記されていました)

古い記事の多くは「書き写し」のため、誤字脱字が多数あります。見つけ次第修正しています。

このサイトについて

【サッカー・コンフェデ杯】

サッカーのコンフェデレーションズカップ第5日は3日、韓国で準決勝進出をかけた一次リーグA組の2試合を行い、フランスが同組1位、豪州が2位となり準決勝進出を決めた。フランスは蔚山でメキシコと対戦し、ウィルトルドらのゴールで4−0で快勝した。水原での韓国−オーストラリアは韓国が1−0で勝った。

この結果、フランス、オーストラリア、韓国が2勝1敗の勝ち点6で並んだが、得失点差で韓国は3位にとどまった。前回大会優勝のメキシコは3敗で最下位に終わった。4日はブラジル−日本(カシマスタジアム)、カメルーン−カナダ(新潟スタジアム)のB組の2試合が行われる。《共同通信》

【島根県警】8歳二女を木につるして殺害、55歳父親逮捕

島根県警津和野署は3日、8歳の二女を木につるして放置し死亡させたとして、傷害致死の疑いで同県津和野町、農業A容疑者(55)を逮捕した。

調べではA容疑者は2日午後2時ごろ、二女の津和野小3年B子ちゃんが仏壇に備えてあった菓子をだまって食べたとして、上半身に麻のロープを巻き自宅庭の木につるし上げ、同日午後4時ごろまで放置。脱水症状にする傷害を負わせ死亡させた疑い。

B子ちゃんがぐったりしているのを祖母が発見し、A容疑者と母親が病院に運んだが、2日午後11時すぎ死亡した。治療にあたった医師が「虐待の可能性が高い」として同署に通報。事情聴取に対しA容疑者が犯行を自供し、3日未明、逮捕した。《共同通信》

【故・河野兵市さん】無言の帰郷

北極海で遭難し、遺体で見つかった冒険家河野兵市さん(43)=愛媛県瀬戸町=の遺骨が3日夜、妻(43)ら遺族と遠征隊事務局のメンバーら計12人に伴われ、松山空港に到着した。

河野さんは北極点から6年かけて、徒歩とシーカヤックで、生まれ故郷の愛媛県瀬戸町に帰る冒険を計画。目的を果たせず、3月27日の北極点出発からわずか2ヵ月余りの、無言の帰郷となった。《共同通信》

【競馬・第51回安田記念】

第51回安田記念(3日・東京11R・1600メートル芝・18頭・G1)は9番人気のブラックホーク(横山典弘騎乗)が直線外から鋭く抜け出し、1分33秒0で優勝、2つ目のG1タイトルを獲得した。《共同通信》

【ペルー大統領選】

ペルーのフジモリ前大統領の罷免に伴う大統領選挙の決選投票は3日午後(日本時間4日朝)終了、即日開票の結果、中道左派のペルー・ポシブレのアレハンドロ・トレド党首が、左派のアメリカ革命人民同盟のアラン・ガルシア元大統領との激しい接戦を制し、当選確実となった。7月28日に就任する。任期は5年。

トレド氏は3日夜、リマ市内の数千人が集まった広場で「民主化の末に夢を勝ち取った」と勝利を宣言。ガルシア氏は敗北を認めた上で「新政権に協力したい」と連立与党参加の意欲を示した。

トレド氏は、フジモリ前大統領を「独裁者」と断罪する反フジモリの急先ぽう。選挙戦では「日本からの本国送還を実現させる」としており、日本とペルーは微妙な関係が続きそうだ。《共同通信》

【MLB】

米大リーグ、マリナーズのイチロー外野手は3日、シアトルで行われたデビルレイズ戦に一番・指名打者で先発出場し、4打数3安打1打点2盗塁の活躍を見せた。指名打者での出場は、大リーグでは初めて。打率は3割6分2厘となった。

イチローは、三回に中前打を放つと、四回の第3打席では二死一、二塁から左前適時打、七回にも中前打を放った。佐々木主浩投手は九回二死満塁で登板し23セーブ目をマーク、8−4で勝ったマリナーズは球団新記録となる11連勝を飾った。

エクスポズの吉井理人投手はフィリーズ戦に先発、5回3分の2を3失点に抑え今季2勝目(2敗)を挙げた。エクスポズは11−3で快勝した。ロイヤルズの鈴木誠投手は、エンゼルス戦に先発したが、三回途中6安打5失点で降板。ロイヤルズは2−7で敗れ、鈴木は5敗目(2勝)を喫した。メッツはマーリンズと対戦したが、新庄剛志外野手は出場せず0−1で敗れた。《時事通信》

【アンソニー・クインさん】死去

個性的な風ぼうと性格演技で2度のアカデミー助演男優賞を受けた米俳優、アンソニー・クイン氏が3日午前9時半、ボストン市内の病院で死去した。86歳だった。死因などは明らかにされていない。

メキシコのチワワでアイルランド人の父とメキシコ人の母の間に生まれ、ロサンゼルスに移住。さまざまな仕事で一家の生計を支える中で俳優に。インディアンやギャング役が多かったが、1952年の「革命児サパタ」でアカデミー賞助演男優賞。56年の「炎の人ゴッホ」でもゴーキャンを演じて同賞を受けた。《共同通信》



6月3日 その日のできごと(何の日)