平成4528日目

平成13年6月1日(金)

2001/06/01

【ネパール王族殺害事件】

ネパールの首都カトマンズの王宮内で1日深夜(日本時間2日未明)、筆頭王位継承権を持つティペンドラ皇太子(29)が父親のビレンドラ国王(55)、母親のアイシュワリヤー王妃(51)らを射殺、直後に自殺を図った。皇太子は意識不明の重体。ネパール政府は2日夜、国王や王妃ら8人の死亡を確認した。王室関係筋は、11人が死亡、皇太子を含む2人が重体と述べた。

国営ラジオによると、王室始まって以来の惨劇を受けて招集された国家評議会は2日午前、重体のディペンドラ皇太子が11代国王に即位したと発表した。しかし、職務が遂行できないため、カトマンズを離れていて無事だった国王の弟ギャネンドラ王子(53)を国王代行の「摂政」に任命した。

コイララ首相に近い筋によると、皇太子の選んだ結婚相手に国王らが反対、皇太子が激高したことが事件の原因とみられる。《共同通信》



【潜水艦なだしお】退役

1988年7月、東京湾で釣り船と衝突事故を起こし死者30人を出した潜水艦「なだしお」(2250トン)の除籍・廃艦が決まり、広島県呉市の海上自衛隊呉基地で1日、退役セレモニーが行われた。海自によると、除籍後はスクラップの予定。《共同通信》

【坂口力厚労相】ハンセン病原告団に謝罪

ハンセン病訴訟熊本地裁判決の控訴断念を受け、坂口力厚生労働相は1日、全国原告団協議会の原告や同訴訟弁護団の弁護士らと大臣室で面談し「多くの元患者の皆さんに今日までご苦労をおかけしたことを、心からおわびしたい」と正式に謝罪した。《共同通信》

【小泉純一郎首相】田中外相に「外交専念を」

小泉純一郎首相は1日午後、田中真紀子外相と首相官邸で協議し「外交に専念するため、しっかり事務方と協議してやった方がいい」と、外務省事務当局との対立に早期決着をつけ、人事凍結を解除するよう指示した。《共同通信》



6月1日のできごと