平成4496日目

平成13年4月30日(月)

2001/04/30

【台東区女子短大生刺殺事件】レッサーパンダ男が逃走

30日午前10時35分ごろ、東京都台東区花川戸の路上で、若い男が女性に馬乗りになって刃物で刺しているのを近くの主婦が見つけ、110番した。女性は病院に運ばれたが、腹や胸など数カ所を刺されており、間もなく失血死した。警視庁捜査1課は殺人事件として浅草署に捜査本部を設置、現場から走り去った男の行方を追っている。

調べでは、女性は板橋区の戸板女子短大2年、A子さん(19)。主婦らが「キャー」という叫び声を聞いて、現場を見たところ、男がA子さんを刺した後、走って逃げた。近くの隅田川沿いの隅田公園を横切って、土手を川上に向かったという。

A子さんはショルダーバッグを持っていたが、現金などは奪われていなかった。男は20~30歳、身長170~175センチ。チェックのシャツを着ていた。眼鏡や黒い帽子をかぶっていたとの情報もあるという。《毎日新聞》



【阪神・野村克也監督】5連敗「寒いな」

阪神1−3ヤクルト◇30日◇神宮

阪神は5連敗で借金は今季最多の4に増えた。野村監督は冷え込んだ気温に例えて「寒いな、阪神が寒波を呼んでいるのかな」と残念そうにぼやいた。点差以上に完敗した印象が強い敗戦だった。試合後は観客席から相変わらずの厳しいヤジが飛んだ。野村監督は「(3連戦)3連敗はこたえるわ。お客さんが怒るのもわかるけど」と力なくこぼした。《共同通信》

【小泉純一郎首相】衆参同一選を否定

小泉純一郎首相は30日夕、報道機関の世論調査で小泉内閣が極めて高い支持率を得たことから、自民党内で可能性が指摘されている7月の参院選に合わせた衆参同日選について「まったくない。衆院(議員の任期)は1年も終わっていない。考える必要はない」と明確に否定した。《共同通信》



4月30日のできごと