平成4486日目

平成13年4月20日(金)

2001/04/20

【森喜朗首相】カクマ難民ランナーが表敬訪問

20日、森首相は、官邸でケニアのカクマ難民ランナーのラカウ・フィクレ・デルセ選手とデビサ・トゥレ・グットゥ選手の表敬を受けた。

4月20日のできごと(何の日)【森喜朗首相】カクマ難民ランナーが表敬訪問
https://www.kantei.go.jp/

両選手は、ケニアのカクマ難民キャンプ出身のマラソンランナーで今回、民間団体の招きで来日している。森首相は、1月に南アフリカ、ケニア、ナイジェリア、ギリシャを訪問した際、ケニアのカクマ難民キャンプを視察しており、両選手は視察と援助に対するお礼のため表敬した。《首相官邸》



【自民党総裁選】小泉氏、江藤・亀井派と政策協議へ

自民党総裁選は20日、現執行部体制の維持を原則とする橋本龍太郎行革担当相の陣営に対し、党三役刷新を言明する小泉純一郎元厚相の陣営が反発、総裁選後の党役員、閣僚人事をにらんだ駆け引きが激しさを増した。

小泉氏は20日夜、決戦投票を視野に24日の投票前に江藤・亀井派などと政策協議を行い、連携の可能性を模索する考えを記者団に明らかにした。江藤・亀井派会長の江藤隆美会長も決戦投票になる可能性が高いとした上で、小泉陣営はじめ各陣営との政策協議を24日までに行う考えを示した。《共同通信》

4月20日のできごと