平成4287日目

2000/10/03

【中曽根康弘元首相】外交最高顧問に就任

森喜朗首相は3日午後、自民党の中曽根康弘元首相を都内の事務所に訪ね、外交問題で助言や協力を仰ぐ「首相外交最高顧問」への就任を要請し、中曽根氏も受諾した。外交最高顧問は小渕前首相時代に設置されたポスト。1998年8月以来、橋本龍太郎元首相が就任しており、2人体制となる。《福井新聞》




【プロ野球・阪神】3年連続最下位決定

阪神0−1横浜◇3日◇横浜

横浜が9月20日以来の貯金1とした。四回二死二塁から多村の中前打で1点を先制。この1点を継投で守り切った。三浦は余力を残して交代し、7回無失点で11勝目。木塚が八回一死三塁のピンチを切り抜けて、17セーブ目を挙げた。

阪神は井川が7回を投げて11奪三振で1失点と好投したが、打線が沈黙し、3年連続の単独最下位が決まった。《福井新聞》

野村監督の開幕前の決意はこうだった。「2000年は進退をかけてやらなしゃあない」。3年契約の2年目にあたったが「それはあってないようなもの」とまで言い切った。

勝負をかけたシーズンのはずだった。しかし、阪神はこの夜、76敗目を喫し、球団史上初の3年連続最下位が決まった。皮肉にも、猛虎再建の切り札として迎えられた野村監督のもとで球団史に不名誉な記録が加わった。

就任1年目の昨季は種をまくどころか、「耕しただけ」に終わった。そして、来季へ向けて明るい材料がまったくないまま今季はあと2試合になってしまった。

「鍛えてますけど、鍛えてうまくなるならみんなうまくなりますよ」これが、低迷するチームを2年率いた率直な感想だ。《福井新聞》

10月3日/のできごと