2000 平成12年9月24日(日)のできごと(何の日)

平成4278日目

2000/09/24

【シドニー五輪・女子マラソン】高橋尚子選手、金メダル獲得

Embed from Getty Images

24日朝にスタートしたシドニー五輪の女子マラソンで、日本最高記録をもつ高橋尚子(28、積水化学)が優勝した。日本の女子が陸上で金メダルを獲得するのは史上初めてで、男子を含めても、戦後初めての快挙になる。男子マラソンでは1936年のベルリン五輪で、当時、日本の植民地支配の下にあった朝鮮出身の孫基禎氏が日本選手の一員として優勝した例がある。女子マラソンでのメダルは、有森裕子がバルセロナ五輪(1992年)で銀、アトランタ五輪(1996年)で銅を獲得したのに続き、3大会連続になる。

この日のレースで高橋は、28キロ当たりでルーマニアのリディア・シモンと首位争いを する展開になった後、35キロ付近で一気にスパートしてシモンを引き離し、最後は独走してゴールに飛び込んだ。記録は五輪最高の2時間23分14秒だった。日本の山口衛里(27、天満屋)は7位、市橋有里(22、住友VISA)は15位だった。2位にはシモンが入った。3位はケニアのチェプチュンバだった。《日経新聞》

「すごく楽しい42キロだった。もっともっと走りたい」――。42.195キロの激闘を制した高橋尚子選手(28)を、メーンスタジアムを埋め尽くした11万人の大歓声が包み込んだ。ルーマニアの強豪シモン選手(27)の猛追をしのいだヒロインは、会心の笑顔でゴールを切った。日本女子陸上界にオリンピック史上初の金メダルをもたらした快挙に国内でも歓喜の声が上がった。

午前9時(現地時間)のスタートから約2時間20分。気温は14度でも、強い日差しが暑く感じられる五輪公園のメーンスタジアムに、高橋選手が真っ先に飛び込んできた。苦しそうに口を開け、目をしかめては必死に足を前へ運ぶ。一時は200メートルあったシモン選手との差は100メートルを切り、さらに縮まったが、最後は両手でガッツポーズし、笑顔でゴール。

インタビューには「42キロとは思えないほど短かった」と疲れも吹き飛んだ明るい表情。「明日からまた違った目標をもって楽しんで走りたい」と結んだ。《日経新聞》




【韓国・金大中大統領】コメ支援は日朝に有益

森喜朗首相は24日午前、静岡県熱海市内のホテルで、韓国の金大中大統領と朝食を共にしながら前日に引き続き会談した。

会談で金大統領は朝鮮民主主義人民共和国(北朝鮮)に対する食糧支援について「支援を可能な限り行えば、北朝鮮は非常にありがたく受け止めるのではないか」と指摘。日朝国交正常化交渉の進展にコメ支援が有効との見解を協調し、間接的に日本の大規模支援を要請した。

首相は「与党や国民の中にも慎重論があり、どういうことができるか政府部内で可能性を検討している」と答えるにとどめた。《福井新聞》

9月24日/のできごと

シェアする

フォローする