平成4276日目

2000/09/22

【シドニー五輪・柔道男子100キロ超級】篠原信一選手、銀メダル獲得

Embed from Getty Images

シドニー五輪8日目の22日、柔道の篠原信一(旭化成)は男子100キロ超級決勝でフランスのドイエと対戦。開始後1分40秒、篠原はドイエの内またをすかし、一本に値する技に見えたが審判はドイエの有効と判定。結局、5分間の試合時間終了後ポイントで下回ったとされ、誤審と思われる不可解な判定で無念の銀メダルに終わった。日本側の抗議にも判定は覆られなかった。篠原はくやし涙を浮かべ、うつむきながら「銀」の表彰式に臨んだ。

篠原は内またすかしを決めた瞬間、立ち上がってガッツポーズ。一本勝ちと確信していた。しかし主審は手を「有効」と判定。副審の一人は「一本」のジェスチャーとしたが、もう一人の副審は主審に同調した。しかも篠原でなくドイエのポイントとされていた。ドイエはその後、篠原に組ませないよう守勢に回り続け、結局注意を受けたものの、別の技で有効を取り、時間切れに持ち込んだ。篠原は試合が終わると、開いた口を閉じられないまま遠くを見つめ、ぼう然としていた。《日経新聞》




【シドニー五輪・柔道女子78キロ超級】山下まゆみ選手、銅メダル獲得

シドニー五輪8日目の22日、柔道の山下まゆみ(大阪府警)は女子78キロ超級の3位決定戦でチコ(フランス)と対戦。試合終了直前に一本勝ちを収め、銅メダルを獲得した。

両者は互いに技を仕掛け合うが全く決まらず、開始後2分を経過した時点でともに指導を受けた。その後試合は再びこう着状態に陥り、旗判定の公算が強まったが、残り時間0秒で山下の払い腰が決まり一本勝ちとなった。山下は試合終了の礼を待たずしてうれし涙を見せた。《日経新聞》

【シドニー五輪・競泳女子200メートル背泳ぎ】中尾美樹選手、銅メダル獲得

シドニー五輪第8日の22日夜、女子200メートル背泳ぎ決勝で、中尾美樹(近大)が2分11秒05で銅メダルを獲得した。萩原智子(山梨学院大)は2分11秒21で4位に終わった。2人は2分10秒台の自己ベストを持っているが、更新できなかった。金メダルはモカヌ(ルーマニア)で2分08秒16。中村真衣(中大)を破った女子100メートル背泳に続く金メダル獲得だったが、 世界記録の2分06秒62には及ばなかった。

4コースを泳ぐモカヌの隣り、5コースの萩原は前半先頭集団につき、積極的なレース展開を見せた。ただ中盤過ぎから泳ぎに疲れが見え、一方の中尾は体が小刻みに上下する独特のリズムの泳ぎで後半を盛り返し、萩原を逆転してのメダル獲得となった。《共同通信》

【中川秀直官房長官】センター試験に「朝鮮語」

森喜朗首相は23日に静岡県熱海市で開かれる日韓首脳会談で、2003年1月の大学入試センター試験から、外国語科目に新たに朝鮮語を加えることを金大中大統領に表明する。中川秀直官房長官が22日午後の記者会見で公式に明らかにした。

中川長官は朝鮮語の採用について「若い世代の交流を一層促進する狙いがある」と述べ、朝鮮語を学ぶ若者を増やすことによって、日韓関係の緊密化を図りたいとの考えを示した。《福井新聞》

9月22日/のできごと