平成4261日目

2000/09/07

【田中康夫氏】長野県知事選出馬を表明

作家の田中康夫氏(44)は7日、北佐久郡軽井沢町で記者会見し、10月15日投票の知事選に無所属で立候補することを正式に表明した。田中氏は「次の時代の日本の在り方を全国に発信していける『長野モデル』といえるものを、県民の皆さんとともにつくっていきたい」と述べた。具体的な政策と公約は、13日に松本市内で発表する。

田中氏はこの日、東京・世田谷区から両親が住む軽井沢町に住所を移した後、町役場前で会見。21世紀の長野県の理念として「新しい活力をはぐくむ県」「愛情があふれる県」「しなやかですがすがしい県」を挙げ、「行政のプロが必ずしも県民本位の県政を行えるとは思わない。県民や県職員が自由かったつに議論できるような県政にしたい」と話した。《信濃毎日新聞》




昭和64年1月1日〜このサイトをご覧頂いている日の一週間前まで、すべての日の「何らかの」できごとを記しています。

情報量が少ない日は随時加筆中です。更新情報もご確認ください。

引用記事は名前、住所など一部修正の上、抜粋してあります。また、画像は基本的にイメージです。

古い記事の多くは「書き写し」のため、誤字脱字が多数あります。見つけ次第修正していますがあらかじめご了承ください。

このサイトについて

【桶川ストーカー殺人事件】調書改ざんの元警官3人に有罪判決

埼玉県桶川市で昨年10月、女子大生A子さん=当時(21)=刺殺事件に絡み、ストーカー被害で告訴したA子さんの調書を改ざんしたなどとして、虚偽有印公文書作成などの罪に問われ、懲役1年6月を求刑された埼玉県警の元警察官3被告に浦和地裁は7日、いずれも執行猶予付きの有罪判決を言い渡した。

須田贒裁判長は判決理由で「迅速な捜査を行っていれば、A子さん殺害という事態は起こらなかったと思われる。警察に対する国民全体の信頼を大きく傷つけた」などと述べた。《共同通信》

【森喜朗首相】国連ミレニアムサミットで演説

森喜朗首相は7日夕、ニューヨークの国連本部で開かれている国連ミレニアムサミットで演説した。

安全保障理事会の常任理事国入りを目指す首相からは「国連の正当性を高め、期待される役割を果たせるようにするためには安保理改革の実現が急務」と強調。第一歩として(1)常任、非常任理事国双方の議席拡大(2)新たな常任理事国に途上国も加える–で意見集約すべきだと訴えた。《共同通信》



9月7日 その日のできごと(何の日)