平成4144日目

平成12年5月13日(土)

2000/05/13

【森喜朗首相】総選挙後も自公保維持

森喜朗
https://www.kantei.go.jp/

森喜朗首相は13日、NHK番組の録画撮りで6月25日の衆院選日程について「大きく(日程を)変える要素が出てくれば別だが、そういう流れが変わることにはならないとみている」と述べ、これを認めた。

森首相は総選挙の争点について「参院が安定することで政治が安定する。自民、公明、保守の3党による連立が一番実効を挙げた内閣だ」と強調し、各政党による政権の組み合わせが審判を受けるとの見通しを提示。

その上で選挙後も現在の「自公保」の3党連立の枠組みを維持、政権運営に当たる意欲を示した。《共同通信》



【ジャンボ鶴田さん】死去

全日本プロレスの元トップレスラーで、米オレゴン州立ポートランド大学客員教授のジャンボ鶴田さんが5月13日入院先のマニラ首都圏ケソン市の国立腎臓研究所で肝臓の移植手術中に出血多量でショック症状を起こして死亡。49歳だった。

鶴田さんは肝臓がんで、肝移植手術を受けるため、治療で滞在していたオーストラリアから5月2日にフィリピンに渡り、5日から9日まで同研究所に検査入院した。臓器提供者が見つかった為、12日深夜から移植手術を受けたが、手術開始から約16時間後に亡くなった。

担当医は「症状が末期で、移植しても1年もつかどうかだった。それを本人に説明したが、強い意思があったので、手術に踏み切った」と説明している。《読売新聞》



5月13日のできごと