平成4145日目

2000/05/14

【小渕恵三前首相】死去

脳梗塞で東京都文京区の順天堂大付属順天堂医院に入院していた小渕恵三前首相は14日午後4時7分、脳梗塞のためのため同病院で死去した。62歳だった。小渕氏は4月2日未明、体調不良を訴えて緊急入院し、こん睡状態が続いていた。

小渕氏は1998年7月、参院選で惨敗した橋本竜太郎首相(当時)の退陣を受け、第84代首相に就任。「経済再生」を内閣の最重要課題に掲げ、財政構造改革法を凍結するなど積極財政を展開、景気回復に尽力した。 また、ロシアとの平和条約締結交渉にも積極的で、2000年の条約締結実現へプーチン新大統領との非公式首脳会談を設定するなど実績づくりを進めた。

こん睡状態に陥った後に発表された青木幹雄官房長官の首相臨時代理就任や総辞職は、手続きの不透明さが議論を呼んだ。小渕氏自身は、そのまま意識を回復することはなかった。《福井新聞》

【森喜朗首相】沖縄県訪問

5月14日は何の日【森喜朗首相】沖縄県訪問
http://www.kantei.go.jp/

5月14日、森首相は就任後初めて沖縄を訪問し、7月の九州・沖縄サミット(主要国首脳会議)の主会場となる万国津梁館の落成式に出席するとともに、首里城などのサミット関連施設を視察した。万国津梁館の落成式では、「沖縄から力強いメッセージを発信したい」とあいさつした。

また、森首相は、子どもたちが21世紀の地球環境を考える「小中学生サミットIn Okinawa 」(主催・沖縄県サミット推進県民会議)にも出席、同サミットでまとめられた宣言文を受け取った。《首相官邸》

5月14日/のできごと