平成4117日目

2000/04/16

【森喜朗首相】インドネシア・ワヒド大統領と会談

森喜朗首相は16日、首相官邸でインドネシアのワヒド大統領と会談し「政権は代わったが日本のインドネシアに対する姿勢は変わらない」と述べ、小渕恵三前首相の対インドネシア政策を基本的に受け継ぎ、インドネシアの改革努力を支援していく考えを強調した。


https://www.kantei.go.jp/

ワヒド大統領は日本の支援に謝意を表明、「日本とインドネシアの間には解決できない問題はない」と述べた。ワヒド大統領はキューバか訪問からの帰途、日本に立ち寄った。森首相がアジア諸国の首脳と会談するのは今回が初めて。

森首相は13日にパリクラブ(主要債権国会議)がインドネシアの債務繰り延ベに合意したことなどを評価し、秋に日本でインドネシア支援国会合を開く考えを伝えた。ワヒド大統領は国際通貨基金(IMF)と合意した改革プログラムやパリクラブ合意を実施するよう関係閣僚に指示したことを明らかにした。

両首脳は昨年11月の首脳会談で合意された諮問機関「日本・インドネシア・アドバイザリー・ネットワーク」の第1回会合を7月3日にジャカルタで行い、日本側は松永信雄外務省顧問ら5人、インドネシア側はタウフィック・アブドゥラ・インドネシア科学院研究員ら5人で構成することで合意した。《共同通信》




昭和64年1月1日〜このサイトをご覧頂いている日の一週間前まで、すべての日の「何らかの」できごとを記しています。

情報量が少ない日は随時加筆中です。

引用記事は名前、住所など一部修正の上、抜粋してあります。また、画像は基本的にイメージです。

古い記事の多くは「書き写し」のため、誤字脱字が多数あります。見つけ次第修正していますがあらかじめご了承ください。

このサイトについて

【熊本県知事選】潮谷義子氏が初当選

森内閣の発足後初の大型選挙で、次期衆院選の前哨戦として注目された熊本県知事選と参院熊本選挙一区補欠選挙が16日投開票され、知事選は自公明両党が推す無所属新人で前副知事の潮谷義子氏(61)が初当選した。女性知事は2月に当選した太田房江大阪府知事に続き全国2人目。

参院補選は、無所属新人で元衆院議員の魚住汎英氏(60)が初当選した。自民、公明両党は、知事選で民主党などが推す候補を破ったことで両党の選挙協力の威力を示し、衆院選に向け弾みをつけた。一方、民主党は、知事選で推薦候補が敗れた上、自民不戦敗の参院補選でも公認候補が敗れ、深刻なダメージを受けた。《共同通信》

【競馬】第60回皐月賞

第60回皐月賞(16日・中山11R2000メートル芝18頭、GI)4歳クラシック三冠レースの第一関門は、単勝二番人気のエアシャカール(武豊騎乗)が2分1秒8で快勝、賞金9700万円を獲得した。

武豊騎手は1993年のナリタタイシンに次いでこのレース2勝目、森秀行調教師は初の勝利。

スタートから三番人気のラガーレグルスがゲートを出られず、競走中止のアクシデント。後方からじっくり進んだエアシャカールは3コーナーすぎから外めを回ってスパート。直線に入ってからも末脚を伸ばし、ゴール前鋭く追い込んできたダイタクリーヴァを首差振り切って快勝した。《共同通信》

【体操・畠田好章選手】現役引退を表明

1995年世界体操競技選手権鯖江大会で、団体と種目別2種目で銀メダルを獲得するなど、日本男子のエースとして活躍した畠田好章(27)=日体大教=が16日、現役引退を明らかにした。町田市立総合体育館で行われたシドニー五輪代表二次選考会で27位にとどまり、最終選考会の出場権を得られなかったことで、意思を固めた。

畠田は「シドニー五輪を目標に頑張ってきたが、出場の見込みがなくなったところで辞めようと決めていた」と話した。今後は指導者への道を進む。《共同通信》

【埼玉保険金殺人事件】殺人未遂容疑で4人を再逮捕

埼玉県本庄市の保険金殺人疑惑で、同県警本庄署捜査本部は16日、多額の生命保険金をだまし取るため、元塗装工の男性に風邪薬2種類を約1年間にわたり大量に飲ませ殺害を図ったとして、殺人未遂の疑いで、金融業A容疑者ら4人=公正証書原本不実記載などの罪で起訴=を再逮捕した。

捜査本部は男性の吐しゃ物に含まれていた錠剤の特定や毛髪に残留している成分の分析など116件の鑑定を重ね、風邪薬を長期間多用に服用すると生命に危険が及ぶことを突き止めた。

市販の風邪薬が「凶器」とされた事件は前例がなく、全容解明に全力を挙げる。4人は容疑を否認している。《共同通信》

【自民党・野中広務幹事長】サミットは今の内閣で

自民党の野中広務幹事長は16日午前のフジテレビ、NHKの番組で、主要国首脳会議(沖縄サミット)に臨む内閣について「今の森内閣の体制でやっていただきたい」と述べた。これは総選挙の時期がサミット前の6月後半で固まっていることから、総選挙の結果、自公保政権が維持されれば森政権で沖縄サミットに臨む考えを示したものだ。

また沖縄サミットの首脳会議の前に、蔵相、外相両会合があることから、宮澤喜一蔵相、河野洋平外相、青木幹雄沖縄開発庁長官(官房長官)などを代えない方が適当だとの考えとみられる。

野中幹事長は保守党との選挙協力に関し「部分的には合流して比例代表と小選挙区にすみ分けしてやることがいいのではないかという選挙区もある」と、衆院選前の一部合流の可能性をあらためて示唆した。財政再建の必要性を強調した上で、「安易に国民に負担を求める前に、国会議員が自ら身を切ることが必要だ」と、国会議員の歳費カットを主張。特殊法人や公益法人への租税特別措置の見直し、国庫支出金のカットによる財源の確保を訴えた。

警察の不祥事を受けた警察法の改正では「警察刷新会議の議論を早急にまとめて、法整備をするべきものは早急な対応ができるようにしなくてはならない」と、キャリア制度の見直しなどの課題などは今国会で対応すべきだとの考えを示した。《共同通信》

【自民党・鈴木宗男総務局長】「首相になるには30年かかる」

「自民党では首相になるまで30年以上かかる。森喜朗首相も31年かかった。加藤紘一元幹事長は昭和47年当選だから、あと2年充電しておけば神様仏様が出てくる」−。

自民党の鈴木宗男総務局長は16日、北海道北見市内のホテルで開かれた党政経セミナーで、講師の加藤氏を前に「ポスト森首相は加藤氏」と言わんばかりのあいさつをし、非主流派の加藤氏を持ち上げた。鈴木氏は野中広務幹事長の側近だけに、この発言は党内に憶測を呼びそうだ。

鈴木氏は「加藤氏は間違いなく首相になる人だ。加藤氏の後は山崎拓元政調会長の名前がちらちら出てくる」と、加藤氏の盟友の山崎氏の名前も挙げた。さらに「私は加藤幹事長(当時)の推薦で橋本内閣で初入閣した。義理や恩は忘れない」とラブコールを送った。

これに対して、加藤氏は講演で「竹下登元首相は『大臣に何回もなる人、三役になる人、その上まで行く人と、各議員が持っているエネルギーがある』と言っていた」と、ポスト森首相への意欲を示していた。《共同通信》



4月16日 その日のできごと(何の日)