平成4005日目

1999/12/26

【競馬・第44回有馬記念】グラスワンダーが連覇

競馬・第44回有馬記念(26日・中山競馬場)–1番人気のグラスワンダーが、2番人気スペシャルウィークとの大接戦を制し、史上3頭目の連覇を果たした。写真判定による2頭の着差はわずか4センチだった。

最後の直線の坂を上がって、ツルマルツヨシとグラスワンダーが抜け出し、さらに外からスペシャルウィーク、内からテイエムオペラオーが襲いかかる大激戦。最後は「5歳2強」による一騎打ちとなり、グラスワンダーがしのぎ切った。《読売新聞》



【民主党・鳩山由紀夫代表】コイントス

民主党の鳩山代表が26日、川崎市の川崎球場で行われた全国高校アメリカンフットボール選手権の決勝戦「クリスマスボウル」の開会式に幸夫人と出席し、攻守のサイドを決めるコイントスを行なった。

鳩山氏は、米国留学中に「全人格的に教育されるアメフトに魅せられた」(鳩山氏)そうで、現在、高校アメフト振興委員会会長、タックルのない「タッチフットボール」の日本協会会長との肩書もある。

駒場学園高と大阪産業大付属高が戦った決勝戦は、序盤に派手なタッチダウンの取り合いになり、「切れ味するどいプレーが多いね」と満足そうだった。《読売新聞》

【自民党、自由党、公明党】幹事長が会談

自民、自由、公明の与党3党の幹事長は26日夜、都内の料理屋で会談し、来年1月からの通常国会をできるだけ早期に召集するとの方針で一致した。通常国会冒頭で衆院比例定数削減法案を成立させるのに必要な審議日数を確保するのが目的だ。ただ、具体的な召集日時については今後、政府、与党間の調整にゆだねる。

また、3幹事長は(1)衆院比例定数削減法案の審議促進のため、衆院政治倫理確立・公職選挙法改正特別委員会の閉会中審査を年明けに行う(2)来年度予算案審議前に同法案の処理を終える–との方針を確認した。《読売新聞》



12月26日のできごと